ホーム > コミック一覧 > ハーレクイン 漫画家セレクション vol.19 

ハーレクイン 漫画家セレクション vol.19 

ハーレクイン 漫画家セレクション vol.19 

ぜひとも読んで欲しい人気漫画家のハーレクインコミックを試し読み! vol.19は「高山 繭 特集」です。「別れの日まで」「すてきなコーヒーガール」「プロポーズは古城で」「美女に変身?」「夜は別の顔」「天使たちの休日」をご紹介。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 313ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

永遠のウエディングベルシリーズ

別れの日まで
高山繭 / キャンディス・キャンプ
別れの日まで
1949年5月。クレア・ウィンターズは、突然訪ねてきた黒髪のハンサムな男性にひと目で恋に落ちてしまった。彼の名はジャック・マーフィ。戦死した兄デニスの親友だ。しかしクレアには町の銀行跡取り息子ハー…
脇役はおしまい
高山繭 / ジーナ・ウィルキンズ
脇役はおしまい
すべての花嫁を幸せにするウエディングプランナーとして働くレベッカ。仕事は一流と評判だが、彼女自身の恋は2年前に時を止めたままだった。かつて熱く愛しあった恋人ライアンに突然捨てられたことから、…
涙は愛の言葉
高山繭 / アリソン・リー
涙は愛の言葉
傲慢な経営者ネイトはひとり、共同経営者である親友とその妻を死に追いやったと自分を責めていた。親友には美しい妹、ジョーダンとその子供たちがいる。ささやかな罪滅ぼしができれば…そう思い、ネイトはジ…

ハーレクイン 漫画家セレクション vol.19  のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

表紙に騙された:わっち 2017/07/28

表紙があまりにシリアスな印象だったので、暗い話は嫌だなと思い読むのを後回し…

あとがきが…!:はち 2017/07/28

本当に濃いですねえ〜。独特の絵柄がクセになりそう。クドめのファッションもハ…

実力派揃いかも:ペンペン 2017/07/28

2作品は既読でしたが、3作品ともに安定の実力派の描き手さんなので、損した気分…

内容が:ayaka 2017/07/28

あまり内容がない感じです。どういう内容だったかなーと読後に思った。

最初の印象がまるっと変わって信頼に至るまで:金鳳花 2017/07/28

理性的でカチッとした人ばかりなので、夢見るロマンスはありません。(笑) 理詰め…

運命の逆転:ゴンジュ 2017/07/27

いまいち盛り上がらない。ジェットコースターの頂点が低いから。もっと切なさも…

泣き虫ヒロイン:れん 2017/07/27

職業的にも医師という立場で泣いてばかりはいけないね。心優しいのだろうけど、…

とても良かった:れん 2017/07/27

王族貴族のハーレクインが好みなんで面白かったです。お互いを思っているのに心…

ゴージャスで大胆:そるる 2017/07/25

山田先生の大胆な作風がハーレクインにあっていると思います。特にヒーローの見…

ナオミのその後:kotori 2017/07/25

何年か前にナオミのスピンオフが雑誌に載っていたような覚えがあるんですが、誰…

このページの先頭へ