ホーム > コミック一覧 > 愛と憎しみの迷宮

Pure Romance ピュアロマンス

愛と憎しみの迷宮

シチリアの恋人たちシリーズ

愛と憎しみの迷宮

出張でロンドンを訪れていたシチリアの大富豪ロレンツォに口説かれて、親しくつきあうようになったヘザー。ロレンツ ォは楽しい恋人だったが、彼には威圧的で、人を支配するのが当然という兄レナートがいた。レナートはヘザーを財産狙いではないかと疑い、弟の花嫁候補としてひそかにヘザーの素性を調査した。さらに大金を積んでヘザーを誘惑してきたのだ。ヘザーがそれを断ると、傲慢にも「合格だ!弟と結婚しろ」と迫ってきて…。

4.0 評価集計 78件の評価
評価する
評価5
37
 

評価4
28
 

評価3
8
 

評価2
0
 

評価1
5
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

シチリアの恋人たちシリーズ

【シリーズパック】シチリアの恋人たち
尾方琳 / ルーシー・ゴードン
【シリーズパック】シチリアの恋人たち
シチリア名門一族の御曹子たちのロマンスを描いたミニシリーズ<シチリアの恋人たち>。シチリア名門一族の長男レナートは弟の花嫁と恋に落ち・・・。腹違いの末弟ベルナルドはイギリス人医師アンジーと出会う…
愛と憎しみの迷宮
尾方琳 / ルーシー・ゴードン
愛と憎しみの迷宮
出張でロンドンを訪れていたシチリアの大富豪ロレンツォに口説かれて、親しくつきあうようになったヘザー。ロレンツ ォは楽しい恋人だったが、彼には威圧的で、人を支配するのが当然という兄レナートがいた…
愛のプロローグ
三浦浩子 / ルーシー・ゴードン
愛のプロローグ
イギリス人医師アンジーは、友人の結婚式に出席するために訪れたシチリアで、運命の相手と出会う。彼の名はベルナルド。シチリアの名門一族である、花婿の弟だった。金持ちの御曹子とは思えないほどまじめ…

愛と憎しみの迷宮 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

顔も話も濃かった 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

私は最初にシリーズの2番目、三浦浩子さんの描いた三男のベルナルドの話を読んだので、その時ちらっと出てきたこの二人のお話はもう少し軽い感じを予測していました。でもさすが、尾形さんが描くと重厚な仕上がりでいい意味で予想を裏切られました。 逆に尾形さんが三男のお話を描いたらちょっと重すぎてどうかな、という気がするので、このシリーズの1と2はそれぞれの作家さんがいいお仕事されていると思います。(3のロレンツォのお話は読んでいないのでわかりません)

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】得難い女性 評価5 5

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
出来すぎ?ヒロイン 評価4 4

尊大なヒーローに比べ最初から最後まで人としてぶれないヒロイン。 心底お人よしで相手に親身になるあまり、振り回され、かなり大変な思いをするのですが、ヒーローに試される場面での言葉の切り返しや、結婚式でヒーローの母からの謝罪の言葉にも、知性と機転と自尊心が垣間見え、いろんな意味で能力が高くやり取りを見ていて痛快ですが、いつも自分の事がが後回しになっています。 本当に手に入れたいものは、最後しっかり手にしているので、読後感は良かったですが、ハーレーとは言えかなり強引な展開にあり得ないと突っ込みながら読んでいましたが作者の絵柄の男性が好みなこともありとても楽しめました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

とても良かった:れん 2017/07/26

王族貴族のハーレクインが好みなんで面白かったです。お互いを思っているのに心…

ゴージャスで大胆:そるる 2017/07/25

山田先生の大胆な作風がハーレクインにあっていると思います。特にヒーローの見…

ナオミのその後:kotori 2017/07/25

何年か前にナオミのスピンオフが雑誌に載っていたような覚えがあるんですが、誰…

最低男:ローズ 2017/07/25

あんまり素敵には思えませんでした。女にだらしない自分勝手な男。ヒロイン苦労…

ヒロインが好きになれません:ローズ 2017/07/25

悪いということはないですが、あまり性格が良くないので好きになれませんでした…

よくわからない:kaeru 2017/07/25

とにかくヒロインがキラキラしているだけで、よくわからない作品でした。

最後が:ラニア 2017/07/25

私は月額で読みましたがよかったです。 最後がもっとハーレらしくはっきりハッピ…

わりと:ウルスラ55 2017/07/25

好きかも。相変わらず芝居がかってますが、ノリノリで描かれている感じがします…

ちょっと怖い:まめ姫 2017/07/24

オランダが舞台の作品は初めてかも。読み進めていて何故だか『赤毛のアン』を思…

秘書じゃないし:ウルスラ55 2017/07/25

ヒロインは最初の方でちょこっと秘書だったけど、その後は「無職」なのでタイト…

このページの先頭へ