ホーム > コミック一覧 > 愛は望郷のかなたに

Romance ロマンス

愛は望郷のかなたに

パーフェクト・ファミリーシリーズ

愛は望郷のかなたに

ハーブ療法家オナーはある日、過去を語ろうとしない謎めいた男性デイビッドに出会う。 二人はいつしか惹かれあっていくが、オナーが名門クライトン家を訪ねた時、そこで彼にうり二つの男性ジョナサンを見かける。 まさかデイビッドは問題を起こして長年失踪していた、悪魔のように貪欲だという一族の愛憎の元凶・・・!?

2.5 評価集計 58件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
16
 

評価3
19
 

評価2
11
 

評価1
10
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 500円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

パーフェクト・ファミリーシリーズ

愛は試練に満ちて
橋本多佳子 / ペニー・ジョーダン
愛は試練に満ちて
いつからこれほど心が離れてしまったのか…。妻オリビアから別居を言いわたされ、キャスパーはバイクでアメリカ横断の旅を始める。愛しあっていた頃の幸せな思い出と、彼女が抱える一族の確執を振り払うかの…
愛は苦難の始まり
橋本多佳子 / ペニー・ジョーダン
愛は苦難の始まり
クライトン家――代々弁護士を輩出するイギリスの名門一族。ジョナサンは華やかな双子の兄デイビッドの影のように生きてきた。しかし、ふたりの50歳の誕生パーティーでデイビッドが心臓発作で倒れ、そのうえ…
愛は復讐の果てに
英洋子 / ペニー・ジョーダン
愛は復讐の果てに
長身のブロンド美女ボビーは、ある復讐をとげるため、イギリスの名門クライトン一族に近づく。唯一彼女に疑いの目を向けたのは、弁護士のリューク・クライトンだった。「カリスマ性があってハンサムだけど…

愛は望郷のかなたに のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

なんじゃこりゃー!(吐血) 評価1 1
ロマンス ライブラリで購入済み

赦すまじヒーローって気持ちになる。関連作の全ての元凶のヒーロー。自分勝手な事しておいて相手に許されなくっても、自分の事を詮索しない、知ったとしても無条件に許してくれるヒロインと楽な道を選ぶよーこっちは何もかも忘れて都合のいい女なヒロインと幸せになるよー的な展開に何じゃこりゃーとなった。そりゃあ赦される側はいいだろうけどさ。他の方が書かれてるように文化の違いの為に判官贔屓な典型的日本人の私には相いれない作品だった。

参考になりましたか?はい いいえ
原作の背景にあるもの 評価4 4

HQは原作者が非日本人である故に文化や習慣の違い、このシリーズにおいてはキリスト教ならではの宗教的な背景を感じました。仏教徒である日本人とは馴染みがないので理解するのは容易くないかも。日本ではクリスマスやハロウィーンなどは既にイベント化しているからそれはそれでいいんだけどね。基、邦題はパーフェクトファミリーだけどちっともパーフェクトでないのが究極の極意とみた。

参考になりましたか?はい いいえ
赦し 評価4 4

本当はこのシリーズ、10巻あって最後にオリビアとキャスパーの物語がある。コミック化されたのが8巻だけだから中途半端に終わっている。素晴らしい原作なのにとても残念。 この「パーフェクトファミリー」シリーズに流れるテーマが「赦し」だと思う。 いわゆるキリスト教的な赦しなので、キリスト教の素地のあまり無い日本人には分かりにくいかもしれない。神が無条件に人間を愛し赦してくれたから、人間も互いに許し合う。人を赦せた時自分自身が解放される。 オリビアはディビッドを赦せないので、自分もまだ苦しみの中にある。オリビアとキャスパーの物語もコミック化してほしい。

参考になりましたか?はい いいえ
はるかに照らせ 評価4 4

これってハーレクインなのでしょうか。葛藤はヒーローとヒロインの間にではなく、ヒーローとその親族の間にある。そういう意味で恋愛モノという感じはしませんが、たびたび提示されてきた「瑕疵」の落とし前をつける最終話というのは、シリーズのまとめとして悪くないと思いました。シリーズ5作目同様の可能性の提示に留めるこの終わり方は、正直「またかよ」という気持ちもありますが、「暗きより暗き道にぞ入りぬべき はるかに照らせ 山の端の月」そんな歌を思い出すような余韻がありました。それにしてもオリヴィアは、シリーズ序盤ではむしろ浮かれてるといいたいくらい幸せそうで、血の色ピンク度が一族中でもずば抜けて高そうだったのに、一体いつのまにあんなにやさぐれたんでしょうかね。そこのところの変化をシリーズ中でちゃんと追ってくれていたら完璧だったと思います。

参考になりましたか?はい いいえ
な~んかな~ 評価1 1

なんじゃこらぁ~!!

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

原作は知らないけど…:よう 2017/09/21

この作者のヒロインっていつもイライラする。後ろ向きで、すぐ声をあらげて。ウ…

ないです。:まり 2017/09/21

いやー、厳しいですね、最後まで読むのは辛い。 古臭い悲劇のヒロイン風なテイス…

「我が家のしきたり」ではない:ウルスラ55 2017/09/21

初めのお話、タイトルが「スパニッシュ・クリスマス」。スペインでは大晦日に12…

えーーーーーー!!:セリシア 2017/09/21

作家さんは好きなんです。読んだことあるお話だったけれど、どうだったかなーっ…

感動しました:ローズ 2017/09/21

ヒロインと一緒に泣いてしまいました。10年後も年をとっても輝いているヒロイン…

画力が乏しい:ローズ 2017/09/21

月額でしたが途中で挫折しそうでした。原作者に失礼なレベルですね。

異色のヒロイン:ローズ 2017/09/21

HQではいなかったヒロインですね。こういうヒロインが増えると残念です。月額で…

面白かった:ジュリアン 2017/09/21

確かに最後が駆け足…絵も綺麗だし話も良いのでちゃんと描かせてあげてー

表紙で読む気が無くなりますが:ローズ 2017/09/20

シングルマザーのヒロインは好感が持てました。大人の物語で良かったです。3歳…

惚れた。:まつ栗 2017/09/19

ダミアンがいい男すぎる。マイクがいまひとつ小物過ぎて。 ピーターがヒーローの…

このページの先頭へ