ホーム > コミック一覧 > 誇り高き戦士 2巻

Historical Romance ヒストリカルロマンス

誇り高き戦士 2巻

【スピンオフ】気高きナイトシリーズ

誇り高き戦士 2巻

ついに、ロークレアの城に辿りついた二人。幼なじみの出産も無事にすみ一安心。これでニコラスと永遠の愛を誓うことができる・・・と思っていた矢先、キャトリンがステファンに連れさられてしまう! 愛する者を救うため、必死にステファンを追うニコラスは、キャトリンの絶対絶命のピンチを救えるのか!?

4.0 評価集計 68件の評価
評価する
評価5
33
 

評価4
28
 

評価3
4
 

評価2
1
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 350円 / 450円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

【スピンオフ】気高きナイトシリーズ

眠れる竜 1巻
牧あけみ / シャロン・シュルツェ
眠れる竜 1巻
私は誰なんだろう…。13世紀ウェールズ。修道院育ちのリリーは、自分の出生を確かめる為、大首長ルーウェリンの城に忍び込んだ。だが腹心で”ドラゴン”と呼ばれる無敵の戦士イアンに、捕らえられてしまう。…
眠れる竜 2巻
牧あけみ / シャロン・シュルツェ
眠れる竜 2巻
夫婦となったリリーとイアン。ルーウェリンの追っ手から逃れつつ、二人はリリーの故郷ロークレアに向かう。彼にとっては使命からの結婚でも私は彼を愛している。彼の心の闇を払ってあげたい。そう決心した…
誇り高き戦士 1巻
牧あけみ / シャロン・シュルツェ
誇り高き戦士 1巻
13世紀初頭のイングランド。幼なじみの出産を手伝いに向かうキャトリンは、道中で盗賊に襲われるが、その窮地を騎士のニコラスに助けられる。しかし、盗賊の弓矢によって傷を負ってしまった二人は、治療の…

誇り高き戦士 2巻 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

良かったです 評価5 5

牧先生はヒストリカルが上手なので楽しんで読めました。

参考になりましたか?はい いいえ
すてき❤ 評価5 5

苦しい時もいとしく思える❤

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ハッピーエンディング❤︎:リモネ 2018/04/27

絵は綺麗で登場人物それぞれ活き活きしていて、ストーリーもテンポよく読み応え…

裏表紙のイラストお願いします:わっち 2018/04/27

ストイックなヒーロー。何度自分の言動を抑えたことか…。立派です。へんな誤解や…

悪くなかった:ウルスラ55 2018/04/27

ベティニールズならいつもと同じ話なんだろうしどうしよっかな~やめとこうかな…

コンパクト:にゃんこ 2018/04/27

原作既読です。長編を切って、貼って、入れ替えて・・・・よくぞ120ページに! …

定番のベティの作品:れん 2018/04/27

ハーレクインに不慣れ感は拭えませんが、サラッと読めました。

ちょっと重い話だったけれど:れん 2018/04/26

イギリスの階級社会を思い出しました。イギリス人の中でさえの階級社会。外国人…

あの夜にさよならを:ゴンジュ 2018/04/26

この頃、起承転結のバランスを欠くものが多い中で、作家として文才があり、何よ…

モヤモヤ:れん 2018/04/27

物語は決して悪くないのだけれど終始モヤモヤしてしまいました。全体的にはっき…

炎を消さないで:ゴンジュ 2018/04/25

さすがダイアナ。最後の数行で、もっと盛り上がりました。 うまい。拍手。

面白かった:ゆりあ 2018/04/26

原作は未読ですがなかなか面白かったです。絵も丁寧でキレイです。夢分析が盛ん…

このページの先頭へ