ホーム > コミック一覧 > 竜の秘宝を抱く乙女 2

ロマンスライブラリをブックマーク

Historical Romance ヒストリカルロマンス

竜の秘宝を抱く乙女 2

竜の秘宝を抱く乙女 2

旅の途中、ドラゴンの襲撃に苦しめられているという村に立ち寄ったディ・バラ家の騎士レイノルド。領主の娘サビーナが求めた救いに、名誉にかけて退治を誓う。一方、サビーナは生命まで危険にさらしてくれる誠実な彼に胸を熱く燃えあがらせてしまう。惹かれてはダメ…彼はドラゴンよりも危険な狼。いつか立ち去って貴族の彼に相応しい女性と結婚するのだから。そして、吐く炎とうなり声は聞こえるが誰も姿を見た者はいない謎のドラゴンの正体がとうとう暴かれ…!?

4.0 評価集計 134件の評価
評価する
評価5
64
 

評価4
39
 

評価3
24
 

評価2
4
 

評価1
3
 

閉じる


  • ポイント10倍閲覧期間:30日間の作品のみ
  • ポイント10倍閲覧期間:90日間の作品のみ
  • ポイント10倍閲覧期間:会員登録期間の作品のみ
  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 290円 / 330円 / 450円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

竜の秘宝を抱く乙女 2 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

どうしてそれを先に言わない…っ! 評価3 3

他の方の意見同様、とてもおもしろかったです。丁寧に描かれているし。しかしラスト間際で次々と出てく言い伝えの文言。知ってたならどうしてそれを先に言わない…っ!! そしてヒロインはなぜあんなにかたくななまでに財宝はないと言い切っていたのだろう。そしてあっさり財宝出てくるし…。あんなに簡単に出てくるなら今まで偶然みつかっててもおかしくないんじゃ…。

参考になりましたか?はい いいえ
やっぱりかっこいい! 評価4 4

どの兄弟も素敵なディ・バラ家。皆さん好みはあると思いますがこの6男も結構よかったです♥ 寡黙な人、気性の荒い人、文学にたけた人、アル中?の人・・色々いますがこのレイノルドはかなり上位のほうです♥後は末弟!まだまだ可愛い感じですがどうなる?!

参考になりましたか?はい いいえ
私は他のシリーズを全く読んでいませんが 評価3 3

この2冊だけでもそれなりに楽しめました。人は何にコンプレックスを持っているのかわかりません。今回のヒーロー、かなり被害妄想的なキャラでしたが、イケメン、富豪、傲慢・・・表面上何も欠けてないキャラばかりのHQヒーローズの中で、たまにはこういった屈折ヒーローも新鮮で良いです。ラブシーンは少なめですが、ヒーロー&ヒロインが静かに着実に深い信頼と愛情を育んでいくのもイイかなと◎

参考になりましたか?はい いいえ
確かに外れなしですね。 評価4 4

沢山いる兄弟でも本当に色々な違った人格をもっていて、本当にさまざまな人間模様をかもし出してます。個人個人の失敗や悪い経験からなかなか女性を信じられないこのヒーローは金持ちのボンボンにしては性格がとても卑屈です。足が悪いから色々ないやな思いをして、引け目を感じて育ったんでしょうが、ちょっとなさけない男性ですね。そんなヒトでも自分にあった最高の相手が見つかって幸せになるというはずれなしのデバラ一族の話は本当に興味深いです。

参考になりましたか?はい いいえ
はずれがないのがすごい 評価4 4

ディバラ家シリーズにはすっかりはまってしまって 待ちきれずに読みました。これだけキャラクターが多い 長いシリーズなのにそれぞれにきちんと納得のいく個性が出ているところが原作者も著者もさすが。新たなストーリーが加わるとその度にシリーズ通して読み直したくなるし、それぞれに味わいが深くなるからやめられない。まだディバラ家の面々を知らない方はぜひ最初からどうぞ。

参考になりましたか?はい いいえ
全てのレビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

笑った:姥桜 2018/06/18

こういう物はある程度分かっている部分もあるけど笑ったわ。凄く良い話でした。

すごくいいんだけど:ウルスラ55 2018/06/18

やっぱクライマックスでのヒロインの行動にはびっくりですよね。日本人の血を引…

タイトルが違ってる?:茶々 2018/06/18

この本、ミシェル・リードの「捨てられた花嫁」では?なぜタイトルが違うんでし…

あとがきが一番よかったかな(笑):aki 2018/06/18

本編も、もちろんとってもよかったですよ! ヒロインが、けなげでかわいいし、ル…

別府ちづ子先生は好きな作家さんですが:aki 2018/06/18

まるめさんのおっしゃるとおり、後半、車の前に立ちはだかったのが、ヒロインと…

盛り下がって行く:ウルスラ55 2018/06/18

最初はなぜか銃撃!から始まってラスベガスやらハワイやら飛んで面白くなりそう…

シリーズ物の第1作目のようだけど。:aki 2018/06/18

いやいや、義兄弟の受け入れぶりがありえなくない⁉︎かと。亡くなった父親に、隠…

面白かった!:れん 2018/06/18

ハードボイルド系のハーレクイン・ロマンスは日高先生にピッタリだと個人的に思…

面白いです。:姥桜 2018/06/17

これはシリーズ物ですが本当に面白いです。尾方先生は毅然としたヒストリカルが…

何度も読み返します:ミーナ 2018/06/17

表紙は地味な感じで心配でしたが、逆にその絵柄が暖かく、ジワジワと心にしみて…

このページの先頭へ