ホーム > コミック一覧 > 侯爵夫人と呼ばれて

Romance ロマンス

侯爵夫人と呼ばれて

侯爵夫人と呼ばれて

ソフィーは質素な生活のなかで、奔放な姉ベリンダの遺児リディアをひき取って育てていた。ある日、姉の遺言により、姉の亡夫の兄アントニオ・ロチャ侯爵と3年ぶりに再会することになった。アントニオとソフィーは、かつてひと目で恋に落ちたのに、彼の突然の心変わりによってソフィーの心はずたずたにひき裂かれたのだった。いかにも侯爵然としたあの傲慢な彼に、また傷つけられるのはごめんだ! しかし彼女の抵抗もむなしく、運命は再びふたりの人生を結びつけた!

2.5 評価集計 110件の評価
評価する
評価5
6
 

評価4
11
 

評価3
42
 

評価2
36
 

評価1
15
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 450円
+消費税
ページ数 129ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

侯爵夫人と呼ばれて のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】自業自得お子様ヒロイン 評価1 1

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
分け目の分配が、、、 評価2 2

ヒーローの2対8に分かれた髪が気になって話に入り込めませんでした。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】嫌いじゃないんだけど 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

読みごたえのあるお話♡:アリィ 2017/05/26

以前読んで、シベリア鉄道に憧れました。ジェシカ・スティールらしいお話ですよ…

ドキドキしちゃた:fumi 2017/05/26

色々な意見がありますが、私は純粋に素敵なラブストーリーで最高に楽しめました…

おたのしみパック〜すっきり爽快編〜:Cocoon 2017/05/26

3作とも良かったです。内容も絵柄も文句なし!当たりでした。観覧期間は3日です…

ほどよく:しゅう 2017/05/25

ハーレクインを読み込んでいる方なら、既読作品になるものばかりだと思いますが…

いろいろな反応があるかと思います:SS 2017/05/25

でも、二人共自分の本質を大事にするってことに気がつけて本当に良かった! 頑張…

ひどい:セリシア 2017/05/25

ちょっとヒーローがひどすぎ。

懐かしい雰囲気:セリシア 2017/05/25

懐かしいなーと思いながら読んでました。 独特なので、結構あうあわないあるかと…

牧場主なんだから:sakura 2017/05/26

ヒーローはステットソン帽をかぶっているのでいいんです。 ヒロインの髪型は仕事…

シリーズ3作目:ペンペン 2017/05/25

シリーズ案内は2作品しかされてないけど、「氷の富豪と無垢な王女」があるから3…

ポエム?:ぼいこ 2017/05/24

話の所々で説明がポエムのよう…。肝心なところで具体的な説明が端折られ、なんだ…

このページの先頭へ