ホーム > コミック一覧 > ミリオネアの償い

Passion Romance パッションロマンス

ミリオネアの償い

ミリオネアの償い

どうしてあなたがここにいるの!? 家事代行会社の社長リズが、クライアントである大企業のCEОの家を訪れると、そこは3年前離婚した夫ケインの家だった。リズと別れたあと、今の地位に上りつめたというケイン。その黒い瞳、均整のとれたセクシーな肉体は今も変わらずリズを魅了し、ケインへの思いを意識させる。一方ケインは、離婚したリズへの罪悪感を埋めるように彼女の会社への支援を申し出た。リズがあの頃からずっと打ち明けられない秘密を抱えていると知らずに。

3.5 評価集計 59件の評価
評価する
評価5
10
 

評価4
19
 

評価3
22
 

評価2
6
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 330円 / 390円 / 450円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ミリオネアの償い のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】言葉で伝える勇気 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
わかめのようにしか見えない 評価3 3
ロマンス ライブラリで購入済み

ヒーローの髪がうねうねと…将来禿げそうと、ストーリーに関係なく、そう思ってしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
へん 評価2 2

絵がヘン!下手なの?ドレスの趣味も悪い。はっきり言って好みじゃないのだと思う。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いろいろ唐突すぎて…:つぶ 2017/03/31

やたら叫んでるパターンだし、とにかく集中線が多くて疲れます。ここ、バーン!…

むずかしい:chibi 2017/03/31

家系図がところどころにほしいです。

う、うーん:yu-ri 2017/03/30

何がいけないって、やっぱり髪型かな。あれは受け付けられない。それに、家政婦…

やはり読みにくい:さんちょ 2017/03/31

ヒロインやヒーローの体だけはしっかり書いてる感じはするけど、全ての登場人物…

うわあ:ウルスラ55 2017/03/30

最後まで読んでいたらなぜか涙が…。とても良いお話です。ヒロインも魅力的ですが…

どストライク!:アジフライ 2017/03/29

絵もお話もしっとり落ち着いていて私好みです!

ストーリーや作画者は好きなのだけど:さんちょ 2017/03/30

途中に、”オフィスでキスはおあずけ”のキャリーが、頼まれたわけでもないのにア…

ジェフリーは?:ベルガモット 2017/03/29

ジェフリーが可愛いかったのでジェフリーが絡んで盛り上がるのかと思いきやそう…

割と好み:Alizee 2017/03/28

絵も美しいしハーレクインにピッタリ。少し前の作品かな。よくある物語です。丁…

う~ん!!:すず 2017/03/29

以前よく似た内容のものがありました。父とヒーローが話しているところへヒロイ…

このページの先頭へ