ホーム > コミック一覧 > 楽園の恋をもう一度

Romance ロマンス

楽園の恋をもう一度

楽園の恋をもう一度

ダフネは姪の理不尽な縁談を断るために、その相手であるバハニア王国の皇太子ムラトと10年ぶりに再会した。さらに魅力と威厳の増した彼は、責めるような眼差しをダフネに向けている。まだ怒っているのね、ムラト。黙ってあなたの前から消えた、かつて婚約者だった私を。だからと言って私の姪と結婚するなんて…いったい何を考えているの? ダフネが頑として反対すると彼は反撃に出た。ダフネとの結婚を公表し、彼女を伝説のハーレムに閉じ込めてしまったのだ!!

2.5 評価集計 37件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
5
 

評価3
10
 

評価2
11
 

評価1
8
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 30日 / 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 350円 / 450円
+消費税
ページ数 128ページ 出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

楽園の恋をもう一度 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

うーん? 評価2 2

台詞が一々回りくどいです、話の流れもまどろっこしい。 絵もキャラの表情や動きがギクシャクとしていて魅力を感じません。内容を追いかけるのが大変でした。あと砂漠で乗馬するなら口元覆わないと砂塵入りませんか?

参考になりましたか?はい いいえ
ヒロインに魅力がない 評価1 1
ロマンス ライブラリで購入済み

絵柄的にも好みではないし、ヒロインが魅力的でない。婚約破棄した理由もどうなのっていう感じ。月額じゃなかったら絶対読まなかった。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ヒーロー不要:さぶちゃん 2018/04/23

ここまで存在感のないヒーローがかつていただろうか?いい人なんだけれど、噛ま…

ファンタジー:ジョディ 2018/04/23

美しい絵物語

絵はきれい:riki 2018/04/22

それだけ。 良い所のないヒーローだけど、絵がきれいだから格好いい(笑)

今だけはこのままで:キャシー 2018/04/22

久しぶりにうるっときました。特にラストの街中でみんなに感動されるシーンはと…

ままごとみたい:クリス 2018/04/22

うわっつらなままごとみたいな話でした。 心理描写も軽いし、この作画家さんはよ…

隠れた名作:アメリア 2018/04/22

ジャマイカから来たヒーローは男らしくて優しくてほんとに憧れる。ヒロインは健…

巡り合わせ:A 2018/04/22

大団円という感じでハーレクインらしく 少しコメディ寄りなのも良かった 個人的…

好感度高いヒーローヒロイン:アメリア 2018/04/22

ヒロインは自然体で可愛らしい。脇役も魅力的たっぷりに描かれていて読んでいて…

とにかく読みにくい:ワニャンニュ 2018/04/23

絵はそんなに悪くないのに、読みにくさ(特に吹き出し)のせいで話が入ってこない……

同じようなおはなし:類 2018/04/23

この原作者は同じような話ばかり、もっと色々なおはなしの幅が出来ると良いのに…

このページの先頭へ