ホーム > コミック一覧 > ハーレクイン 名作セレクション vol.36

ハーレクイン 名作セレクション vol.36

ハーレクイン 名作セレクション vol.36

ぜひとも読んで欲しいハーレクインコミックの名作たちを試し読み! vol.36のテーマは「初恋 特集」です。「恋人はどちら?」「危険な薔薇」「おいしい恋の作りかた」「追憶のファースト・ラブ」「別れの日まで」「プリンセスになりたい!」をご紹介。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 313ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

弁護士兄弟は恋が苦手シリーズ

愛さえあれば?
狩野真央 / デビー・マッコーマー
愛さえあれば?
メアリー・ジョーは胸がひき裂かれる思いで恋人エバンのプロポーズを断った。政治家をめざす彼にとって必要なのは社交術にたけた上流階級の妻。彼の母親にそう言われての苦渋の決断だった。3年後、詐欺に…
恋人はどちら?【あとがき付き】
狩野真央 / デビー・マッコーマー
恋人はどちら?【あとがき付き】
【最終ページにあとがきが付いて再登場!作品の登場人物や漫画家の素顔に迫れる1ページを最後までお楽しみください。】腕ききの弁護士として名高いダミアンとエバン兄弟の法律事務所で、ジェシカはアシスタ…
愛さえあれば?
狩野真央 / デビー・マッコーマー
愛さえあれば?
メアリー・ジョーは胸がひき裂かれる思いで恋人エバンのプロポーズを断った。政治家をめざす彼にとって必要なのは社交術にたけた上流階級の妻。彼の母親にそう言われての苦渋の決断だった。3年後、詐欺に…

ハーレクイン 名作セレクション vol.36 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

悪くなかった:ウルスラ55 2018/04/27

ベティニールズならいつもと同じ話なんだろうしどうしよっかな~やめとこうかな…

コンパクト:にゃんこ 2018/04/27

原作既読です。長編を切って、貼って、入れ替えて・・・・よくぞ120ページに! …

定番のベティの作品:れん 2018/04/27

ハーレクインに不慣れ感は拭えませんが、サラッと読めました。

ちょっと重い話だったけれど:れん 2018/04/26

イギリスの階級社会を思い出しました。イギリス人の中でさえの階級社会。外国人…

あの夜にさよならを:ゴンジュ 2018/04/26

この頃、起承転結のバランスを欠くものが多い中で、作家として文才があり、何よ…

モヤモヤ:れん 2018/04/27

物語は決して悪くないのだけれど終始モヤモヤしてしまいました。全体的にはっき…

炎を消さないで:ゴンジュ 2018/04/25

さすがダイアナ。最後の数行で、もっと盛り上がりました。 うまい。拍手。

面白かった:ゆりあ 2018/04/26

原作は未読ですがなかなか面白かったです。絵も丁寧でキレイです。夢分析が盛ん…

うーん:しゅう 2018/04/25

どのパックを買おうか悩んでいるのでしたら、これは後のほうでいいかんじです

仕組まれた破局:ゴンジュ 2018/04/25

これも、最後の押しが足りない。もう少しで傑作に慣れたのに。おしいなあ。

このページの先頭へ