ホーム > コミック一覧 > ハーレクイン 名作セレクション vol.155

ハーレクイン 名作セレクション vol.155

ハーレクイン 名作セレクション vol.155

ぜひとも読んで欲しいハーレクインコミックの名作たちを試し読み! vol.155のテーマは「上空でロマンス 特集」です。「情事の報酬」 「情熱と絶望のはざまで」 「瞳の魔法」 「疑われた献身」 「さよなら独身主義」 「強いられた情事」をご紹介。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 313ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

ファム・ファタールの息子たちシリーズ

恋の罪、愛の罰
羽生シオン / アビー・グリーン
恋の罪、愛の罰
ラファエレの車の助手席に座っただけで、彼のものにされた気分になる――サマンサは体が熱くなった。4年前、激しく求めあったあげく妊娠した私は、そのことを打ち明ける前に、彼から遊びの関係だと釘を刺さ…
情事の報酬
羽生シオン / アビー・グリーン
情事の報酬
アレクシオの手は、握られただけで抱かれているみたいな気分にさせる――。その日、不運続きのシドニーに奇跡のような出会いが訪れた。パリ行きの飛行機、エコノミー席の隣に、あの世界的に有名な航空会社のC…
憂鬱な城主
羽生シオン / アビー・グリーン
憂鬱な城主
スペインのダ・シルヴァ城の厩舎に忍び込んでいたレキシーの前に、突然黒い馬に乗った男性が現れた。彼は息をのむほどに美しく、強烈に魅了されたレキシーは、唇を奪われても抵抗することすら忘れていた。…

ハーレクイン 名作セレクション vol.155 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

めんどくさい:ゆずこ 2017/06/25

真実を言えばいいのに、回りくどいな、と何度かんじたことか。。好色な父親もひ…

感激の涙が:fumi 2017/06/25

あまり期待せずに読みはじめましたが、最後には自然と涙が出ていて自分でもビッ…

キャラクター設計が古い:ぽんた 2017/06/25

原作ではキャリアウーマンのはずのヒロインですがこの作品ではむじゃきな元気キ…

話の内容より:miuk 2017/06/24

イメチェン後の髪型が超ダサい!ダサ過ぎて似合ってもなかった。見る気が失せた。

ああ、もったいない!:クレヨン003 2017/06/25

表紙で損してる! とてもいいお話だしお上手だと思いました。

好きな絵ですが:なうしか 2017/06/23

いつも同じ食べっぷりの良いバージンです。 何となく腹黒く感じてしまいました〜

ヒロイン:saki 2017/06/23

ずーっとめちゃくちゃうっすい話を続けて最後の最後でセリフだけで説明して「そ…

コミックも原作も面白い:まる 2017/06/23

コミックを先に読んでとても良かったので購入しました。 心情描写がより細かくて…

切なかったけど:まい 2017/06/25

「チョコレートプリンセス」では次男に厳しかったヒーローが、こんな恋をしてい…

好きです。:まい 2017/06/24

この先生のヒストリカルは好きです。絵がぴったり。お決まりのヒーローの誤解か…

このページの先頭へ