ホーム > コミック一覧 > 【日刊】ハーレクインカフェ vol.6

【日刊】ハーレクインカフェ vol.6

【日刊】ハーレクインカフェ vol.6

【日刊】ハーレクインカフェは、ハーレクインコミックスの予告編やラフ画を毎日配信する無料マガジンです!あなたが気になっていた作品、欲しかった作品が閲覧できるかもしれません!本日は、御園生エリカ先生の「彗星の輝く砂漠で」を配信します!※本編は既に発売済みです。ロマンスライブラリにてご購入いただけます。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
ページ数 33ページ 出版社 ハーレクイン

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • コミック一覧へ

シークの憂いシリーズ

さまよえる砂漠の王
くればやし月子 / キャロル・マリネッリ
さまよえる砂漠の王
ハイダル王国の若き女王ライラは、婚礼準備の真っ最中だった。自らを犠牲にしても国民を幸せに――そんな女王のつとめに従い、彼女は子供の頃に決められた政略結婚の相手、クセイ王国の王ザヴィアンと今夜、…
最後の嘘は砂に消えて
九月ノニ / ジェニー・ルーカス
最後の嘘は砂に消えて
億万長者の婚約者、贅沢な料理、大勢の祝福――すべては完璧のはずなのに、なぜこんなに気が重いの? 自分の婚約披露パーティーなのに、ヤスミンの気分は憂鬱だった。スキャンダルを起こしてクセイ国を追放…
黒衣の愛人
佐々木みすず / トリッシュ・モーリ
黒衣の愛人
ラフィクはクセイ王国の皇族だった。しかし王位とは程遠く、若くして国を出て、オーストラリアで実業家として成功していた。ところが、思いもかけず兄が国王に即位することになり、国に戻る。そこで出会っ…

【日刊】ハーレクインカフェ vol.6 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

なんだかなあ:すずどん 2017/09/25

村田先生大好きなのですが・・・この作品は何一つ心に響いてこないというか。H/H…

なんじゃそりゃ:クレヨン003 2017/09/25

いい感じで読み進め、途中『ウルッ』としたりしてラスト『なんじゃこりゃ』です…

絵が嫌い:きらっち 2017/09/25

絵が気持ち悪い

月額でなければ:きらっち 2017/09/25

月額でなければ読みませんでした。時間の無駄。絵が下手というか、人物に魅力が…

うーむ…:リリィ 2017/09/25

話は好きです。特に破綻してないし。 しかし、いかんせんロマンスが…。物足りな…

二回読んでわかりました:ウルスラ55 2017/09/25

だいぶ前に一度読んでよくわからず、今また読んで今回はよく理解できました。こ…

女性から男性に:ウルスラ55 2017/09/23

花を贈ると言う行為が素敵だなと思いました。ヒーローちょっと赤くなってるし。…

よくわからんのですが:dee 2017/09/24

すみません。立ち読みの段階でつたない絵が無理でした。お話はおもしろそうだと…

ヒロインが幼いけれど:れん 2017/09/24

まあ王道のハーレクインでしょう。契約結婚からスタートしたとはいえ、ヒーロー…

この作家さんの描くヒロイン:ぽんた 2017/09/25

どの作品を見てもヒロインが自己中で自分のことしか考えてないように見える。 や…

このページの先頭へ