ホーム > 小説一覧 > 愛は遠いあの日から

愛は遠いあの日から

愛は遠いあの日から

1877年、娼婦がお尋ね者の男を射殺し、自らも命を断った。男は縛り首になるよりは愛する女に撃たれることを選んだのだ。そんな悲恋伝説などまったく知らないレイチェルは、最近、自分に起こっていることが理解できずに苦しんでいた。夢のなかで危険な男と愛しあっていたかと思うと、目覚めたときには涙を流しながら森にたたずんでいる。そんな姿を、ある夜とうとう見知らぬ男に目撃されてしまった。いいえ、彼のことは知っている――黒い瞳も、黒髪の手触りも。謎めいたその男に、レイチェルは強烈な引力を感じた。

4.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛は遠いあの日から のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

シャロン好きにはオススメです! 評価5 5

この作品は、yahooコミックでの無料マガジンで読みました。次回配信日が待ちきれず、楽しみにしていたことを覚えています。で、一気に読みたくなったので結局は勝っちゃっいました。今でも読み返したくなる作品の一つです。コミック化もされたので、原作とコミックと読み比べてみるのもハーレクインの楽しみ方の一つですよね。おすすめ度100%です。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ああ、もったいない!:クレヨン003 2017/06/23

表紙で損してる! とてもいいお話だしお上手だと思いました。

好きな絵ですが:なうしか 2017/06/23

いつも同じ食べっぷりの良いバージンです。 何となく腹黒く感じてしまいました〜

ヒロイン:saki 2017/06/23

ずーっとめちゃくちゃうっすい話を続けて最後の最後でセリフだけで説明して「そ…

コミックも原作も面白い:まる 2017/06/23

コミックを先に読んでとても良かったので購入しました。 心情描写がより細かくて…

切なかったけど:まい 2017/06/24

「チョコレートプリンセス」では次男に厳しかったヒーローが、こんな恋をしてい…

好きです。:まい 2017/06/22

この先生のヒストリカルは好きです。絵がぴったり。お決まりのヒーローの誤解か…

家政婦さんに泣かされました!:chaa 2017/06/22

別れの時の家政婦さんの言葉としぐさにうるっと…。ヒロイン、ヒーロー、お嬢ちゃ…

頭のおかしい奴ら:なうしか 2017/06/23

いきなり全裸になったり、いきなり下着になったり 現実に居たら頭おかしい奴らだ…

いつもなら:ウルスラ55 2017/06/22

秘密を知ってしまった後に花嫁が勝手に帰国。その後ヒーローが追いかけてきて「…

なぜに?:さんちょ 2017/06/23

評価がちょっとだけいいのか意味がわからない話。 ヒーローは頭っからヒロインを…

このページの先頭へ