ホーム > 小説一覧 > ひれ伏した億万長者

ひれ伏した億万長者

ひれ伏した億万長者

グエンナの目の前で、父が横領の罪で逮捕された。愛人の子として生まれ、つらい幼少期を送ったグエンナだったが、母の死後、自分を引き取ってくれた父親には感謝していた。だからこそ父を助けたい一心で、彼を告訴した会社を訪ねたのだ。面会に応じてくれたのは、会社の経営者にして、億万長者としてその名をはせるアンジェロ・リッカルディ。緊張して待っていたグエンナは、現れた男性を見て驚いた。数日前偶然に出会い、ひそかに心ときめかせた相手だったからだ。だがグエンナをさらに驚かせたのは、彼が口にした言葉だった。「きみが僕の愛人になるなら、告訴を取り下げてもいいだろう」■ハーレクイン・ロマンスの人気作家リン・グレアムが愛の形を描き出しました。マフィアの血をひく億万長者が復讐を胸に近づいた相手は、彼の魅力が通用しなかった初めての女性で……。数奇な運命に翻弄される恋のゆくえにご注目ください。

4.5 評価集計 15件の評価
評価する
評価5
10
 

評価4
5
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ひれ伏した億万長者 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

面白い 評価4 4

リン・グレアム原作の好きな作品です。コミックも既読でそちらも楽しめました。マフィアなんて言葉が出るのはハーレクインならでは。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

セクハラ??:セリシア 2018/01/24

それともパワハラ? 恋愛に発展するんだし、最後は丸くおさまるはずだって思わな…

ピーターが!:Rya-Rya 2018/01/23

ヒーロー、ヒロイン、おばあ様に弟君、みんな好きですが、ピーターのぶれなさが…

お子ちゃまなヒーローでした:にゃんこ 2018/01/23

ヒーローがお子様的思考過ぎて・・・。子供に背中を押されなきゃハッピーエンド…

17ページなんか:あんこ 2018/01/24

情緒不安定か!って言いながら、旦那にも見せて二人で爆笑してしまいました。 表…

めでたしめでたし:ふみりん 2018/01/23

悪人誰も出てこないハッピーなお話です。煮え切らないヒーローにじれったくなり…

穏やか:ハル 2018/01/23

ハーレのテンプレ、元カノとかの意地悪や策略が全くと言っていいほどないので、…

いつ結婚?:ペンペン 2018/01/23

原作が98円の時購入して、流し読みのままコミックも購入。コミック読んで結婚の…

確かに4コマ漫画:れん 2018/01/23

うーん、黒田先生好きな漫画家さんの一人なんですけど。。。表紙も美しいので期…

最高作品:きなこ 2018/01/23

黒田先生の作品の中でも特に面白い。絵もきれいで話の展開もよく何度も読んでい…

手抜き??:アジフライ 2018/01/23

この先生の絵は好きなんですけど、さすがにこの作品はちょっと残念でした。 背景…

このページの先頭へ