ホーム > 小説一覧 > モンテカルロの愛人

ロマンスライブラリをブックマーク

モンテカルロの愛人

モンテカルロの愛人

家族に暴力を振るう冷酷な継父トムが亡くなり、マギーはひそかに安堵していた。これでようやく母親と二人、穏やかな毎日を送ることができる、と。ところが顧問弁護士からとんでもない事実を聞かされ、マギーはショックで呆然となった。財産はおろか、実父と過ごした思い出の家まですべて、実業家ケイレブに奪い取られたというのだ。彼は私に復讐するつもりなの?やはり……半年前のあの出来事を忘れていなかったのだ。ほどなくして、マギーの手元に愛人契約書が届けられた。

4.5 評価集計 12件の評価
評価する
評価5
9
 

評価4
3
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

モンテカルロの愛人 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ドキドキします 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

非情な義父に、不幸な母を守ろうとする涙ぐましいヒロインの娘の姿にぐっときます。 ヒーローにばれないように行動する、ヒロインのいじらしい姿は、早く本当のことを話して安心させて~という感じでドキドキはらはらします。

参考になりましたか?はい いいえ
幸せになってほしい 評価4 4

鬼畜ヒーローになりきれないヒーローと、誤解されっぱなしで切ないけなげなヒロイン。鬼畜な継父、死んでるけれど、何となく許せない。がんばって~~~!とヒロインを応援し、気が付けよ~~とヒーローにささやきたくなりました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

ダサい…:つぶ 2018/05/27

セクシードレスがブカブカ…髪型もよくあるバサバサヘアでヴィーナス感なし。男性…

もう少し頁数があれば:れん 2018/05/27

前半が面白かっただけに、限られた頁でまとめなくてはいけない後半は詰め込め気…

セックスファンタジー:ウルスラ55 2018/05/26

男女、たぶん主に女性の思う「やってみたいセックス」のシチュエーションてんこ…

狙われた無垢:ゴンジュ 2018/05/26

後味もよく満足いたしました。

良かった❗:ジェイ 2018/05/26

読んでいるものもあったけど、良かったです

好みの話:姥桜 2018/05/27

この手のニヤつきながら読む話が好きです。また脇役達もいいわ。

思っていたのと違った:やまだ 2018/05/27

もうひと押しでくっつくというH/Hが、言い訳をしながらホットシーンを続けて…

あんなことされて:あんこ 2018/05/26

許せるってただのマゾヒストじゃん。SMクラブの「メスブタとご主人様(しかもロリ…

夜は別の顔:ゴンジュ 2018/05/26

これは完全に、コミックスの勝ち。

ロマンス香るサスペンスドラマ:ユキポン 2018/05/26

吹雪で立ち往生した旅人たちを館に受け入れた夜、館の女主人が突然死。その死の…

このページの先頭へ