ホーム > 小説一覧 > シチリアの花嫁

シチリアの花嫁

シチリアの花嫁

シチリアへ向かう飛行機の中、チェシーは震えていた。大丈夫よ、私はもう半年前の私じゃない。逃げ回るのはやめて、本当の自由を手に入れる。そのために戻ってきたのだから。決意を新たに空港に降り立ち、チェシーは迎えの車に乗りこんだ。だが、後部座席には誰かが座っている。目を向けなくても誰なのかはわかった。ロッコ・カステラーニ。億万長者の人でなし。そして、結婚式当日にチェシーが捨てた夫だった。

4.0 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
1
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

シチリアの花嫁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

怒鳴り合ってもうるさくない 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

最初のイメージと違うと戸惑いながら、ヒロインと理想的な家庭を築こうとするヒーロー。抑圧された古き良き家庭から飛び出して、未知の体験を積み重ねたいヒロイン。当然衝突して言い合いになるのですが、本音をぶつけあっているし、ヒーローがヒロインを理解しようと巧みに色々と聞き出したり、ほめるべきところはきちんとほめるので微笑ましく感じられます。ヒロインも彼女なりに真剣に考えて自己主張する姿が可愛いです。きちんと装えばダイナマイト級のグラマラス美人なのに無自覚。変身した彼女を閉じ込めたい気持ちをぐっとこらえて、デートを続けるヒーローに胸が熱くなりました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

面白かった:ジュリアン 2017/09/20

確かに最後が駆け足…絵も綺麗だし話も良いのでちゃんと描かせてあげてー

表紙で読む気が無くなりますが:ローズ 2017/09/20

シングルマザーのヒロインは好感が持てました。大人の物語で良かったです。3歳…

惚れた。:まつ栗 2017/09/19

ダミアンがいい男すぎる。マイクがいまひとつ小物過ぎて。 ピーターがヒーローの…

ハーレクインというよりは:れん 2017/09/19

人間ドラマみたいな作品でした。こういう作品は瀧川先生はピカ一ですな。 ヒロイ…

う~ん…:苺ちゃん 2017/09/19

とにかく、妹がヒドイ! 最後まで読んでも、ただの嫉妬としか思えないのになぁ~…

ペニージョーダン:ウルスラ55 2017/09/19

バージンヒロインがいろんな事情で悪女と誤解されてヒーローに強引に口説かれる…

意外とよかった。:トミー 2017/09/18

評価が低めだったのでどうかな?と思ったのですが、読んでみると意外とよかった…

テディが格好良すぎる:はるくや 2017/09/18

暴漢から守ってくれて、良く理解してくれて、常に支えてくれるテディが最高にツ…

話的にはいいんだけれど、もうちょい:セリシア 2017/09/18

絵は個性的かなぁと感じます。 好みかと言われれば、うーん。たぶん、些細なコマ…

看板に偽りあり:キリギリス 2017/09/18

名作セレクションを初めて購入しました。前半の「バイキングに抱かれて」は、作…

このページの先頭へ