ホーム > 小説一覧 > 青い瞳の大富豪

青い瞳の大富豪

青い瞳の大富豪

ウィローはイギリスの片田舎のコテージに引っ越した。つらい離婚から一年。ようやく新しいスタートを切るのだ。隣には豪奢なマナーハウスが建ち、実業家が住んでいるという。いったいどんな人なのかしら? 気難しいお年寄りとか?ぼうっとしていた彼女は、焚き火の勢いが増したのに気づかなかった。■モーガンは、隣家の庭から火の手が上がるのを見つけた。いったいどういうことだ? 引っ越した早々に、もう火事を起こすとは! すぐに駆けつけて火を鎮火したモーガンは、あらためて隣人をまじまじと観察した。今度はもっと厄介な炎が、彼の中で燃え上がりはじめた。

4.5 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
3
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 30ページ
    ※作品により立ち読みページ数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

青い瞳の大富豪 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

過去の傷 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

ヒーローもヒロインもお互いそれぞれ過去に傷を負わされていて、その過去がお互いの惹かれる気持ちへの障害になってしまっています。でも時を経るごとに気持ちが縮まっていく過程は無理なく、周囲の脇役たちも良い感じで登場して良いと思いました。 大人なヒーローと、カッカしやすいけど反省も素直にする可愛いヒロインの会話には好感が持てて、読んでて楽しかったです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ママ最高!:ワニャンニュ 2017/11/23

楽しいお話でした 島での休暇はすごく楽しそうだけどあんな風に蟹のお化けが入…

いろいろ良かった、良くなった:ウルスラ55 2017/11/23

絵がどんどんハーレっぽくなってきましたね。今回はティーンエージャーの女の子…

普通:momoiro 2017/11/23

評価低いですが、私はこの方の作品、まあまあ好きです。セリフとか古すぎて死に…

魔法のランプが欲しい!:れん 2017/11/23

貧乏ヒロイン、金髪の王子様のヒーローなど乙女心をくすぐる要素があり、何より…

可愛いv:neko 2017/11/23

原作既読ですが、原作よりヒーローがずっと可愛いv

話はいいんだけどねぇ・・:あむあむ 2017/11/23

背景がほぼないし、顔の特徴も何人(というよりどこ系)なのかわからない書き方…

なんじゃこりゃ2:つぶ 2017/11/23

バタバタバタってワケわかんないまま終わった!説明調なセリフばっかで読むのも…

ごめん:クレヨン003 2017/11/23

先に謝ります。 この方御姉妹の作品読むのに覚悟が必要なのよね。 月額だから…

背中が痛い:クレヨン003 2017/11/23

この作画者さんの画はカチンコチンって感じですよね。出てくる人物皆姿勢よすぎ…

ヒロインがちょっと残念:セリシア 2017/11/23

でも、実際に自分の過去がそうだったら(そんな過去なんてありえないけれども)…

このページの先頭へ