ホーム > 小説一覧 > ガラスの靴はなくても

ガラスの靴はなくても

ガラスの靴はなくても

ローラは地味な容姿のせいか、いまだに理想の男性とめぐり合えない。彼女とは対照的に、妹ジョイスは見るからに華やかで、どんな男性も引きつける天性の魅力にあふれている。ある日、ローラの名付け親が友人の医師レイロフを伴ってオランダから訪れた。彼を見るなり、ローラは目をみはる。彼には若者にない包容力と落ち着きがあった。まさに理想の男性だ。しかし、レイロフが心を奪われたのはやはりジョイスだった。ローラは胸の痛みをこらえて二人の恋を祝福する。ほどなく、とんでもない事態が起こるとも知らず…。

4.5 評価集計 8件の評価
評価する
評価5
4
 

評価4
4
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ガラスの靴はなくても のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ちょっと消化不良気味^^;; 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
【ネタバレ】ちょっと前の作品? 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
切ない。。。 評価4 4
ロマンス ライブラリで購入済み

この一言に尽きます。姉妹が絡んだ物語はこういう展開が多いんだろうけど姉がいじらしい。夢中になって一気読みしてしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

読みやすいストーリー:りんご 2017/01/19

絵が幼いので、いまいち盛り上がりに欠けました。

ヒーローが:なうしか 2017/01/19

年上の割にはずいぶん子供なヒーローだな。 怒鳴ってばかりで。ヒロインはいいね…

マジ泣けたよ(ノД`)・゜・。:ボンドマン 2017/01/19

たまらん!!ぞくぞくしました、緊迫感ありありな絵も良かったです(´▽`)。

まぁ、読みにくい事:さんちょ 2017/01/19

内容を詰め込み過ぎていっぱいいっぱい。 違う作画者で2冊とかにすれば良かった…

読む価値・・:tama 2017/01/19

なんでしょうか。。 何にも伝わらないです。びっくり! ヒーロー、ヒロインどち…

表情が同じ:なうしか 2017/01/19

表情が乏しいです。 お目々パッチリと開けて口も開けています。 バカにしか見え…

もう、ヒーローが無理:さんちょ 2017/01/18

ヒロインを屈辱しまくるヒーロー。 これで愛してるとか言われても無理だって。 …

始まりの割に:無雲 2017/01/18

途中から微妙。 最後はお決まりの形。 おすすめはしないが気になるならレンタル…

うーん:さんちょ 2017/01/19

毎回思うのだけど、小説版の方では”地中海で恋して”ってシリーズなのに無視する…

原作既読です:ゆりあ 2017/01/18

原作を読んだときに三浦先生でのコミック化を希望していたので漫画版も期待通り…

このページの先頭へ