ホーム > 小説一覧 > 刹那の情熱

刹那の情熱

ファイナル・ミッションシリーズ

刹那の情熱

〝高級フラワーショップの経営者ダリア・ハリントン、保険金目当てに双子の妹とその夫を毒殺か?〟世間は今、この話題で持ちきりだった。孤独な私が唯一心を許せる妹を殺すわけがないのに……。でも、このままでは殺人犯のぬれぎぬを着せられてしまう。追いつめられたダリアは、トラブル解決のエキスパート集団〈シェイ・グループ〉メンバー、ライカーに真犯人捜しを依頼する。知能犯罪捜査の天才と名高いライカーは話を聞き終わると、ハンサムな顔に不敵な笑みを浮かべて言った。「ぼくたちが恋人同士を演じることと二十四時間密着警護が条件だ。つまりきみはぼくと、昼も夜もともに過ごすことになる」

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 期間限定販売: 2017年1月30日 までとなります.
  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ファイナル・ミッションシリーズ

ファイナル・ミッションシリーズ

稲妻に抱かれて
スーザン・カーニー
稲妻に抱かれて
親友のエリーが誘拐され、パニックに陥ったサンディは意を決してトラヴィス・カントレルに連絡した。エリーの兄であり、政府の極秘機関に属するエージェントであり、忘れえぬ恋人でもあるトラヴィスに。駆…

刹那の情熱 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いいと思います:おおな 2017/02/23

絵のこと、エロさのこと、意見は分かれていますが、私は好きです。田中琳先生の…

いいですね~:ウルスラ55 2017/02/23

プレビューで見て、くぼたさんのお得意パターンだと思って楽しみにしていました…

セクシーロマンス:ペタルア 2017/02/23

先生の久々のパッションラブ、嬉しかったです! 原作も刺激的でしたが、二人の絡…

ロマンはあるんだけれどなー:セリシア 2017/02/22

ファンタジー要素も兼ね備えた話ではあるんですが、若干違和感というか、うーん…

この設定どこかで…:銀ヤンマ 2017/02/22

と思ったら、お兄さんの方のお話を先に読んでいました。こちらを読んでから「仮…

んん?:さんちょ 2017/02/22

結局、ヒロインは医者なのか、看護師なのか。 なんでこんな変なとこで疑問しなき…

ちょっと:ゆずこ 2017/02/22

退屈でした。正直なヒロインには好感がもてましたけど、強引な展開でしたが盛り…

静か過ぎる:さんちょ 2017/02/22

ほとんど山もなければ谷もない、淡々とした話。 それに合わせてなのか作画も淡々…

続きを読む気が:Aroma 2017/02/22

しません。こんな作品初めて(゜-゜)原作がイマイチなのか著者さんの構成力に問題…

皆さんの言う通りだった…:わっち 2017/02/22

ヒーローの母親がサバサバしていて、こんな姑さんは理想です。 ところで父親に天…

このページの先頭へ