ホーム > 小説一覧 > 偽りのウエディングベル

偽りのウエディングベル

スキャンダラスな姉妹シリーズ

偽りのウエディングベル

なんという悪夢。これは故人の悪意に満ちたたくらみだわ。シエナはイタリアで、アンドレアスの父親の葬儀に参列した。帰りがけ、彼女は弁護士から、遺言の開示に立ち会うよう求められる。翌日、一族の前で読みあげられた書状には衝撃的な内容が記されていた。長らく家を離れていたアンドレアスが父親の遺産を手にするためには、元使用人の娘であるシエナとの結婚が絶対条件だというのだ。かつてアンドレアスに対して、決して許されない罪を犯した私と?あの夜以来、彼は家を飛び出し、両親の最期を看取ることもなかった。アンドレアスは今も私を許してはいないはず。だがさらに憎まれるとしても、シエナにほかの選択肢はなかった。■先月に続く、ミニシリーズ〈スキャンダラスな姉妹〉の最終話です。前作で奔放なイメージで登場した双子の姉妹の姉シエナ。意外な素顔を持つ彼女の情熱的な恋のゆくえを描きます。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

スキャンダラスな姉妹シリーズ

偽りのウエディングベル
メラニー・ミルバーン
偽りのウエディングベル
なんという悪夢。これは故人の悪意に満ちたたくらみだわ。シエナはイタリアで、アンドレアスの父親の葬儀に参列した。帰りがけ、彼女は弁護士から、遺言の開示に立ち会うよう求められる。翌日、一族の前で…

偽りのウエディングベル のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

面白いと思いますが?:しむしむ 2017/12/18

ハーレクィンに期待するようなエロティックな場面は短かったのですが、小説版な…

面白かった:みーたん 2017/12/18

ヒストリカルものによくいる、気が強い現代の女性がそのまま昔のドレスを着ただ…

ハートウォーミング:ミッフィー 2017/12/18

罠にかかってしまったヒロインですが、心の闇を抱えるヒーローを癒していきます…

んー:きらっち 2017/12/18

シリーズで読めば面白いのかもしれませんが、月額でこの作品単体で読まされた感…

欧州のクリスマス:ありさ 2017/12/18

ドイツとオーストリアが舞台のハーレクインを堪能しました。雪で立ち往生してし…

遠距離の本気:サラダ 2017/12/18

怒涛と圧巻のプレゼント&ラブレター攻勢。ヒーローだって、信念とお金と忍耐力…

クリスマスに奇跡は起こる:ミッフィー 2017/12/18

心温まるストーリーで読んでいて途中で涙がうるうるしてしまいました。明るく前…

うーん…:サラダ 2017/12/18

IQ190の天才って設定、説得力無かったです。賢そうに見えるシーンすら思い出せま…

ついつい読み返します:遊 2017/12/18

作者さん買いです。丁寧に話を進めてあるし、読みごたえもあって好きです。

ちょっと:遊 2017/12/17

試読で途中まで読んで期待して買ったらあまり盛り上がりも無く、きゅんともせず…

このページの先頭へ