ホーム > 小説一覧 > 残酷な誘惑

残酷な誘惑

残酷な誘惑

もう一度彼に会いたい、会わなければ、という思いに駆られ、オータムは名前を偽ってまでこのオフィスにやって来た。そして、4年ぶりにソールと再会した。堂々とした長身、黒い髪――どれもが目に親しい中で、色つきレンズのめがねだけが見慣れないものだった。あの事故のあと、オータムは彼の前から逃げたのだ。ここにいるのがわたしだと知ったら、ソールがどんな態度に出るか、考えただけでも恐ろしい。彼は交通事故で視力を失い、その結果、仕事も恋人もなくした。それらすべての原因は、わたしにあるのだから。

4.5 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
2
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 400円 / 450円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

残酷な誘惑 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

せつない恋 評価5 5

幼すぎるからヒロインを遠ざけていたヒーローなのに、どうしても振り向かせたくて策を弄した挙句、自分のせいでヒーローが失明し、苦しんでいる。ヒロインの罪悪感が切なく胸を刺します。せめてそばで支えてあげたいと思うヒロインに対するヒーローの態度がなんとなく怪し気で暗雲立ち込めてきます。ヒーローに出ていけと言われて「アメリカまで逃げた」とヒロインを攻めるヒーローがかわいらしいです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

うーん、魅力が足りないよ。:なうしか 2017/04/25

えー!プレイボーイの割には落とすの簡単だな〜。 ヒロインも処女位しか取り得な…

すっげーつまんない:なうしか 2017/04/25

酷い絵と話、思いつきで子宮取らないだろ?バカか!

ハズレがない:リリィ 2017/04/25

黒川先生のお話はどれも当たりです。今回も。 ストーリーもたまに入るコミカルさ…

いろいろ言いたい事はあるけれどー!:セリシア 2017/04/25

ですね。ヒロインが幸せになれたのでOKかなと思います。 ヒロインを取り巻く環境…

考えられない…:ジェニファー 2017/04/25

子宮摘出って簡単にできることじゃないし多分お医者さんも患者が希望するから「…

3年は短すぎるような気が:ローズ 2017/04/25

ヒーローの会社が大会社になったり、ヒロインがカウンセリングから立ち直って、…

画が下手になった?:アリスン 2017/04/23

藤臣先生の作品は好きでいつも必ず読むのですが、今回とても画のレベルか低いよ…

うん…:ネコネコ 2017/04/25

途中で読む気がしなくなってしまった…この私が!

原作とはまた違って良い♪:アリィ 2017/04/22

確かにストーリーは違うけど、夏先生のこのお話はこれで十分説得力があると思い…

えー!!どこが良いの?:なうしか 2017/04/23

評価が高いのですが、どこが良いの? これはダメだろう!昔、別れた意味もない!

このページの先頭へ