ホーム > 小説一覧 > 復讐のためのハネムーン

復讐のためのハネムーン

復讐のためのハネムーン

セリーナは、唯一の肉親だった祖父の葬儀に現れた男性を見て驚いた。リオン――6年前、祖父のビジネス取引の一環として結婚したが、ほんの8週間でその結婚生活は終わりを告げた。私の寝室に若い男性がいたのをリオンが誤解したからだ。まだ愛していたけれど離婚し、二度と会うつもりはなかったのに……。だが祖父の遺言内容を知り、家政婦に何も遺されていないとわかると、そのお金の工面をリオンに頼むしかないことにセリーナは気づく。しかし、彼の答えは唖然とするものだった。祖父の会社の株を買い上げる代わりに、2週間、彼との地中海クルーズに同行するようにというのだ。■ハーレクイン・ロマンスの大人気作家ジャクリーン・バードの待望の新作です。過去の恨みを晴らすために元夫が提案したクルーズは、二人にとっていわばハネムーンだった! 作者らしい純粋なヒロインと傲慢なヒーローのこの恋の結末は?

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

復讐のためのハネムーン のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ナイス、下克上! 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

複雑:なうしか 2018/02/21

途中で読むの面倒くさくなってしまった。 さかりが付いたヒロインも苦手。

あーあ:ウルスラ55 2018/02/21

リズ・フィールディングの原作って地に足が付いたカップルの心温まるお話が多いと…

はじめから完璧な人間はいない:オリィ 2018/02/21

久しぶりにスッキリする作品でした。

途中までは:neko 2018/02/21

楽しかったのに、中盤以降のヒーローが駄目過ぎる。読んでいてこんなにイライラ…

感動した:きなこ 2018/02/20

登場人物もみないい人達ばかりで読んでいて温かい気持ちになれました。原題、邦…

気になる・・・:メリッサ 2018/02/20

面白くて、良い話♪ けど、えくぼ、変。これえくぼの位置じゃないだろ。

読むのが大変:CRPD 2018/02/21

独白を読んでストーリーを消化するので手一杯。複雑なんだか単純何だか・・・ …

もうワンクッション欲しかったよねえ:ウルスラ55 2018/02/20

ヒーローがヒロインから衝撃の事実を告げられた後、いったんボロボロの惨めな状…

もっと部下を育てないとね~:ウルスラ55 2018/02/20

支店が複数あるようなレストランなんだからもっと部下を育てって任せていかない…

ヒーロー、バカ過ぎる:とくの 2018/02/21

ヒーロー、バカなの?誤解からヒロインを侮辱、罵倒して大いに傷つけておいて、…

このページの先頭へ