ホーム > 小説一覧 > 穏やかな彼 前編

穏やかな彼 前編

穏やかな彼 前編

よれよれの服に冴えない眼鏡の仕事人間、ジョン・フィリップ。それが、ソフィのボスだ。時代の寵児と呼ばれる天才も、実のところ、身の回りのすべてを秘書の彼女に頼りきっていた。亡兄の子供たちを引き取った彼から便宜結婚を申し込まれたとき、ソフィはさほど驚きもせず、すぐに“イエス”と答えた。男性不信のソフィにとって、彼だけは信頼できる男友達だからだ。ところがある日、シャワーから出た彼と鉢合わせした瞬間、ソフィの胸に奇妙なざわめきが広がった。嘘でしょう? このセクシーで魅惑的な男性がジョンだなんて!

4.0 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
3
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 200円 / 250円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

穏やかな彼 前編 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ギャップ萌えとはこのこと 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

そそられるリード文です(笑)。ペニー・ジョーダンは物語の設定でも読ませる作家だとつくづく思ってしまいました。草食系だと思っていた男が、実は肉食系だったなんて。ヒロインと一緒にドキドキしながら読み進めるうちに、後編まで一気に読んでしまいました。

参考になりましたか?はい いいえ
【ネタバレ】ヒロインの鈍感ぶりがかわいい 評価4 4

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

内容が:ayaka 2017/07/28

あまり内容がない感じです。どういう内容だったかなーと読後に思った。

最初の印象がまるっと変わって信頼に至るまで:金鳳花 2017/07/28

理性的でカチッとした人ばかりなので、夢見るロマンスはありません。(笑) 理詰め…

運命の逆転:ゴンジュ 2017/07/27

いまいち盛り上がらない。ジェットコースターの頂点が低いから。もっと切なさも…

泣き虫ヒロイン:れん 2017/07/27

職業的にも医師という立場で泣いてばかりはいけないね。心優しいのだろうけど、…

とても良かった:れん 2017/07/27

王族貴族のハーレクインが好みなんで面白かったです。お互いを思っているのに心…

ゴージャスで大胆:そるる 2017/07/25

山田先生の大胆な作風がハーレクインにあっていると思います。特にヒーローの見…

ナオミのその後:kotori 2017/07/25

何年か前にナオミのスピンオフが雑誌に載っていたような覚えがあるんですが、誰…

最低男:ローズ 2017/07/27

あんまり素敵には思えませんでした。女にだらしない自分勝手な男。ヒロイン苦労…

ヒロインが好きになれません:ローズ 2017/07/27

悪いということはないですが、あまり性格が良くないので好きになれませんでした…

よくわからない:kaeru 2017/07/27

とにかくヒロインがキラキラしているだけで、よくわからない作品でした。

このページの先頭へ