ホーム > 小説一覧 > 七十二時間の情事

七十二時間の情事

七十二時間の情事

憧れのジェームズから食事に誘われ、ジェニファーは有頂天だった。大学を卒業してパリの法律事務所に就職が決まったお祝いだとしても、これはきっとデートよ! そして、デートのあとには……。幼なじみのジェームズにようやく女性として見てもらえたと思い、ジェニファーは期待に胸をときめかせて彼をベッドに誘おうとした。勇気を振り絞ったその誘惑が、まさか拒絶されるとは考えもせずに。傷ついたジェニファーはそのままパリに発ち、それから4年の間、二人が顔を合わせることは一度もなかった。やがて彼女が洗練され、セクシーな大人の女性に変身して彼と再会するまでは。それでも自分が彼の目にどう映るか、ジェニファーの不安は大きかった。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

七十二時間の情事 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

メロメロカップル 評価3 3

ヒロインのためと思って拒絶したら、4年間一度もあってもらえなかったヒーロー。それだけヒロインの思いが深いのですが、4年間あきらめなかったヒーローもあっぱれ。再会したらそのチャンスを逃さない徹底ぶりもあっぱれでした。お互いメロメロなのに遠回りしまくりの二人。わかっていないのはきっと当人だけだと思うと、イライラすらしませんでした。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

とても気に入りました:れたす 2016/12/08

主人公の心の流れがとても丁寧に描かれてて、スラスラ読めました。

なんじゃい!!:クレヨン003 2016/12/07

なんだか自信満々みたいだったのに、ちょっと嘘を吹き込まれたらその気になって…

悪くはない:ワカメ 2016/12/07

でも、サラッとしすぎてて物足りない。月額コースになるまでまてばよかったかな。

静かすぎる:さんちょ 2016/12/07

今回のヒーローはゴミ箱に捨てなくなるくらい陰湿な感じで好きにはなれない。 こ…

見せ方がうまい:みーたん 2016/12/07

この漫画家の方の作品はいつも見ていて飽きません。できれば結婚後のカットも見…

お兄ちゃん:みきてぃー 2016/12/07

いいわぁ。お兄ちゃんに幸せになって欲しい

このハートはヒーローに捧ぐ!:ぽめやん 2016/12/07

ヒロイン、頭悪すぎてダメだ…

悪人が登場しないので:楓 2016/12/06

読後感もよくハッピーな気分になりました。プリンセスなんてなりたくてもなれな…

腹黒い:なうしか 2016/12/07

どうしも結婚してくださいと言わせてやるぞ〜って感じが 出過ぎ。こんなアホな作…

話の展開が‥:なうしか 2016/12/06

話の展開が突然! 地震があったらハッピーエンドになってる。 読み飛ばしたのか…

このページの先頭へ