ホーム > 小説一覧 > ドラゴンの花嫁

ドラゴンの花嫁

ダンテ一族の伝説シリーズ

ドラゴンの花嫁

シェイラは、一家の敵であるダンテ家のパーティへ潜り込んだ。憎いダンテに一矢報いようと画策している彼女の祖母が、ダンテの男たちを調べるよう命じたのだった。ところが、シェイラに思いがけない出来事が起こる。彼女に声をかけてきた男性がふと腕に触れたとき、すさまじく熱い、体の中で火花が散るような感覚に襲われたのだ。ぱっと離れた二人は驚きの表情で見つめ合った。彼が先に口を開く。「きみも感じたのか? ぼくの“炎”を――」シェイラはわけがわからなかったが、焼けつくような疼きは消えない。ドラコと名乗った男性とともに、彼女はパーティを抜け出した。お互いのことを何も知らないまま、抗えない力に導かれるように。■人気ミニシリーズ〈ダンテ一族の伝説〉の最新作をお贈りします。今作のヒーローは竜の異名を持つドラコ。よりにもよって、彼の“炎”のお相手は、ダンテ家を敵対視している一家の令嬢でした。情熱の一夜を過ごした二人を待ち受ける、波瀾の運命とは……?

2.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ダンテ一族の伝説シリーズ

ダンテ一族の伝説シリーズ

ドラゴンの花嫁
デイ・ラクレア
ドラゴンの花嫁
シェイラは、一家の敵であるダンテ家のパーティへ潜り込んだ。憎いダンテに一矢報いようと画策している彼女の祖母が、ダンテの男たちを調べるよう命じたのだった。ところが、シェイラに思いがけない出来事…

ダンテ一族の伝説シリーズ

運命の手の中で
デイ・ラクレア
運命の手の中で
ジアがコーディネートを担当するパーティに、コンスタンティンは突然現れた。音信不通となってから、19カ月と5日と8時間。初めて彼と触れ合ったとたん燃えあがった炎は、その後の歳月とともに落ち着いてき…

ダンテ一族の伝説シリーズ

フィアンセの絶対条件
デイ・ラクレア
フィアンセの絶対条件
突然オフィスに現れた美女カテリーナ・マロイを見た瞬間、ゲイブは強烈な欲望にとらわれた。カテリーナはゲイブが長年買い戻しを切望しているネックレスの所有者。その彼女が、祖母を安心させるため偽りの…

ダンテ一族の伝説シリーズ I

燃ゆる月夜
デイ・ラクレア
燃ゆる月夜
ジュエリー・デザイナーのフランチェスカは手がけたコレクションを披露するためパーティ会場にいた。そこでセベロという名の、とんでもなくハンサムな男性と出会う。握手を求められ、胸高鳴らせつつ彼の手…

ダンテ一族の伝説シリーズ II

ひとたび触れあえば
デイ・ラクレア
ひとたび触れあえば
ダンテ家の次男マルコは、出張先でとんでもない知らせを耳にした。双子の弟ラザロが、ケイトリン・ボーンとつき合っているというのだ。ケイトリンは六週間前、ダンテ一族が営む会社に入ってきた女性だ。受…

ダンテ一族の伝説シリーズ III

悪女に甘い口づけを
デイ・ラクレア
悪女に甘い口づけを
ニコロ・ダンテは高級ホテルのスイートルームで、カイリーという名の女性に手渡された書類をにらみつけていた。ダンテ家のダイヤモンド鉱山は元々カイリーの亡き祖父のもので、彼女は自分にも鉱山の所有権…

ダンテ一族の伝説シリーズ IV

嘘と秘密を重ねて
デイ・ラクレア
嘘と秘密を重ねて
二十五歳になるまでにラザロ・ダンテと結婚する――それがアリアナに定められた運命だった。契約は遠い昔、親友だった双方の父親によって交わされたもので、二人が結婚すれば、ダンテ家に代々伝わる貴重な宝…

ダンテ一族の伝説シリーズ V

めぐり逢いの交差点
デイ・ラクレア
めぐり逢いの交差点
ルーク・ダンテは幼い頃から、一族に伝わる伝説を聞かされてきた。ダンテ一族の男はみな、運命の女性に触れたとき、“炎”と呼ばれる特殊な感覚に襲われるというのだ。ばかばかしいと一笑に付していたルーク…

ダンテ一族の伝説シリーズ Ⅵ

雇われた婚約者
デイ・ラクレア
雇われた婚約者
レイフは豪華な会場で、大勢の花嫁候補たちを紹介され辟易していた。運命の相手と出会ったとき、その身を“炎”に包まれる――そんなダンテ家の伝説などレイフは信じていなかった。事故死した妻に対しても“炎”…

ドラゴンの花嫁 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ドラゴンの花嫁 評価3 3
ロマンス ライブラリで購入済み

原作を読むと、何か物足りない。インパクトがないんです。むしろ、コミック版のほうが成功かもしれない。ちょっと浅い。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

本当に足りないっ!:なかまち 2016/12/09

最初の頃のヒロインは肩に力が入って随分と粋がっている感じですが、ヒーローと…

涙でウルウル:ラスカル 2016/12/09

シリーズものですが、汐宮先生の落ち着いた美しい作画で感情移入して読めました…

エロ天使がエロかわいい:映画館 2016/12/08

シリアスな話の中にその暗さを軽くする橋本先生の技量が素晴らしいと思う作品で…

疲れた。:mama420 2016/12/09

最初から最後までテンション高いヒロインとヒーローで疲れました。後半気になっ…

永遠が欲しくて:ゴンジュ 2016/12/08

これは読者が求めるハーレクインのすべてを盛り込み、非常に出来のいい本です。…

アレンジの仕様もあるでしょうに…:ナタリ― 2016/12/08

原作読んでいません。 元々素晴らしい原作を独りよがりにアレンジされるのは、う…

評価は低いようですが:ラスカル 2016/12/08

自分は楽しめました。シークものですので誤算や陰謀など他のジャンルとはまた違…

むーん:みーたん 2016/12/08

せっかくのこの漫画家さんなのにこのストーリーはなあ。いくらメモを残しておい…

派手な展開ではないけれど:K 2016/12/08

ヒーローの性格も素直で、相手の気持ちをきちんと汲み取れるいい人だし、ナニー…

涙:lica 2016/12/09

久しぶりにうるっときました。 いつも絵もお話も素敵な漫画家さんです。

このページの先頭へ