ホーム > 小説一覧 > 摩天楼の影

摩天楼の影

摩天楼の影

研修医のタニアは過酷なER勤務に必要以上に没頭することで、十七歳のときの悪夢をよみがえらせまいとしていた。このまま姉たちのように医師になり、病院でひっそりと過ごせたら。だがそんな思いも、宝石泥棒を捕まえ、負傷したジェシーが救急車で運ばれてきて以来、大きく揺らぎはじめた。ジェシーのようなハンサムな男性に近づいてはいけない。わたしは過去の苦い経験から十分すぎるほど学んでいる。夢中だった大学生に幼い恋心を暴力によって踏みにじられて以来……。でも彼のやさしさは、タニアの気持ちを徐々になごませていった。ところが、ようやくつらい過去をのり越える勇気を奮い起こし、心を開き始めた彼女のまわりで、奇妙な事件が相次ぐようになった。

4.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

摩天楼の影 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

ほぼコミックと話は同じですが 評価4 4

別府ちづ子先生がコミックを描いていらっしゃるので同じ話でもコミックと小説では印象がちょっと違うかな~と。サスペンスですけれど、これは実際にありそうで不気味でした。お話自体がどうというより、私には犯人が怖くて二度と読みたくない感じがしました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

なぜかはまった。:サクレ 2018/02/22

すごく淡々としたお話。なのになぜかハマル。この不思議な魅力はなんでしょう。…

たんたんと:なゆた 2018/02/22

説明っぽい話です。試し読みで続きが読みたいと思ったのだからつまらないわけで…

契約結婚だったけど:ゆりあ 2018/02/22

やっぱり一緒に過ごすうちにお互いに惹かれ合うようになるよね。話の展開も良く…

ヒロインの慈愛が凄い。:ベルガモット 2018/02/22

ヒーローが記事になっいた女性との関係はどうなったんだろう。最後、ヒーローか…

複雑:なうしか 2018/02/22

途中で読むの面倒くさくなってしまった。 さかりが付いたヒロインも苦手。

あーあ:ウルスラ55 2018/02/21

リズ・フィールディングの原作って地に足が付いたカップルの心温まるお話が多いと…

はじめから完璧な人間はいない:オリィ 2018/02/22

久しぶりにスッキリする作品でした。

途中までは:neko 2018/02/21

楽しかったのに、中盤以降のヒーローが駄目過ぎる。読んでいてこんなにイライラ…

感動した:きなこ 2018/02/20

登場人物もみないい人達ばかりで読んでいて温かい気持ちになれました。原題、邦…

気になる・・・:メリッサ 2018/02/20

面白くて、良い話♪ けど、えくぼ、変。これえくぼの位置じゃないだろ。

このページの先頭へ