ホーム > 小説一覧 > プレイボーイにさよなら

プレイボーイにさよなら

三つの愛の詩シリーズ

プレイボーイにさよなら

ジェニーは亡き妹の赤ん坊を連れ、アレックス・ウエスタリングの住む海辺の家を訪ねた。赤ん坊の父親は金持ちのプレイボーイとして名をはせる彼だと、出産直後にこの世を去った妹が言い残したのだ。なんとしてでも父親の責任を果たしてもらおう。ジェニーはそう心に決めていたが、実際にアレックスの前に立つと、完全に言葉を失ってしまった。彼はまさに女性の理想を現実にした男性であると同時に、身がすくむほど冷たい雰囲気を漂わせていた。それでも勇気を奮い起こして詳しい事情を話したところ、アレックスはにべもなく否定し、ジェニーに立ち去るよう命令した。■家業を乗っ取ろうとする傲慢なギリシア人の秘書に据えられてしまったヒロインの運命は……?

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

三つの愛の詩シリーズ

私にはあなただけ
サラ・モーガン
私にはあなただけ
まさか、この声は……。怪我をして運ばれた病院で意識を取り戻したとき、ケイティは聞き覚えのある男性の声に体をこわばらせた。銀行勤めだったジェイゴが、こんなところにいるはずがない。だが、目の前にい…
華麗なる誘惑
サラ・モーガン
華麗なる誘惑
大嫌いな同僚の男が私を手に入れようとしている!看護師のリビーは、あわてふためいていた。いくら病院の資金集めのオークションとはいえ、あんな男にデートの権利を落札されるなんて……。そこへ謎めいた異…
プレイボーイにさよなら
サラ・モーガン
プレイボーイにさよなら
ジェニーは亡き妹の赤ん坊を連れ、アレックス・ウエスタリングの住む海辺の家を訪ねた。赤ん坊の父親は金持ちのプレイボーイとして名をはせる彼だと、出産直後にこの世を去った妹が言い残したのだ。なんと…

プレイボーイにさよなら のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

地味:ウルスラ55 2017/09/21

おおっと思うようなホットな導入部分から一転、その後はずっと地味…。やることな…

ヒロインが美人:ハル 2017/09/21

この作家さんの作品では、ヒロインがお世辞でも美人とは言えないと表現される容…

幼稚園児じゃあるまいし:ジェニファー 2017/09/21

原作未読です。ダメ出しし始めたらキリがないけど特に…でっかいキリンのぬいぐる…

2時間ドラマ?:クレヨン003 2017/09/21

サスペンスではないけど・・・ラスト近くでの二人のやり取り迫力アリアリ。 でも…

原作は知らないけど…:よう 2017/09/21

この作者のヒロインっていつもイライラする。後ろ向きで、すぐ声をあらげて。ウ…

ないです。:まり 2017/09/21

いやー、厳しいですね、最後まで読むのは辛い。 古臭い悲劇のヒロイン風なテイス…

「我が家のしきたり」ではない:ウルスラ55 2017/09/21

初めのお話、タイトルが「スパニッシュ・クリスマス」。スペインでは大晦日に12…

えーーーーーー!!:セリシア 2017/09/21

作家さんは好きなんです。読んだことあるお話だったけれど、どうだったかなーっ…

感動しました:ローズ 2017/09/21

ヒロインと一緒に泣いてしまいました。10年後も年をとっても輝いているヒロイン…

画力が乏しい:ローズ 2017/09/21

月額でしたが途中で挫折しそうでした。原作者に失礼なレベルですね。

このページの先頭へ