ホーム > 小説一覧 > 心のなかの小箱

心のなかの小箱

心のなかの小箱

病院で働くメリーは、珍しい血液型の持ち主だった。あるとき彼女の血液がひとりの急患の手術に役立ち、看護師たちはそのハンサムな患者の話題で持ちきりになった。そんな人と希有な共通点を持っていると思うと、悪い気はしない。数日後、食事の許可が下りた彼の病室にトレイを運んだメリーは、ジュールダン・ラニエという患者の抗いがたい魅力に圧倒された。こんなにも心を乱す男性には、決して近づいてはいけないわ。メリーは担当を替わってもらったが、退院した彼から食事に誘われる。断っても断っても諦めないジュールダンにとうとう屈し、メリーはこちこちになってその夜を迎えた。■ハーレクイン草創期に活躍した作家ヴァイオレット・ウィンズピアが、今また熱い注目を集めています。無垢なヒロインが、謎めいた年上のヒーローに心を奪われていく王道ロマンスが人気の秘密なのでしょう。

4.0 評価集計 4件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

心のなかの小箱 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

「ぼくが愛しているのはきみなんだよ、きみの姿形じゃなくて!」 評価5 5

ラストシーンのヒーローのこの言葉に♡5です。ヒロインが必死に心のなかの小箱にしまっていたものが明らかになった時、女性としての夢を全て諦めていたヒロインが切なくて涙が出ました。ヒーローは情熱的かつ優雅に追い詰め、小箱を開けさせるのですが、その後のフォローが優しく思いやりに溢れていました。ハーレクイン草創期に書かれた作品ですので、舞台設定や台詞の言い回し等現在とは異なるところも多々ありますが、それだからこそ感じられる魅力がありました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

絵、下手になりましたか?:kobutanaoko 2016/12/03

前作から比べると、作画様の絵が、大変、下手になったように思われ、残念です。 …

う~ん…:ワニャンニュ 2016/12/03

ヒロインの、自分だけが悲しんでる自分だけが不幸って感じが好きになれなかった…

泣けました:あっちゃん 2016/12/03

辛い思いを抱えていても、 自分が誰かにとって意味のある存在であったことに気づ…

夫婦を超えてゆけっ:ぐらっせ 2016/12/03

ヒーローはハイスペックですが、熱血漢で脳筋な男です。坊ちゃんの冒頭の文を地…

話は普通:ワニャンニュ 2016/12/03

皆さん仰っているように、絵が合ってない、この一言に尽きます 読みたいのはオ…

恋愛だけの思いじゃなくてもっと・・・:ネコネコ 2016/12/03

この漫画家さんのヒロインのイメージって美人でプライドが高いイメージがあった…

怖い:momo 2016/12/03

他の方もおっしゃってますがハーレクインじゃないです。

ひどい話:しゅう 2016/12/03

ヒロインは、この男この家族を許せるのか? 理解できないわぁ・・・

シリーズ第一弾:ひゅん 2016/12/03

表紙からドキドキ。素敵ですね。お話しの内容やストーリー展開もよかったです。…

一言でいうならば:ひゅん 2016/12/03

ハーレクイン向きの絵柄ではないのです。他のジャンルならいいかもしれません。 …

このページの先頭へ