ホーム > 小説一覧 > 見つめる瞳

見つめる瞳

ジャッキー・カミンスキーシリーズ

見つめる瞳

★人々の裏切りと欲望のすべてを、その瞳は見つめていた……全米で話題沸騰のジャッキー・カミンスキー・シリーズ、待望の第2弾!★一見なんの変哲もない家宅侵入事件を担当することになった女刑事ジャッキーは、事件の関係者に恐ろしくも淫らな脅迫状が届いていたことを知る。それは本人たちしか知り得ない過去の秘密を暴き、連続殺人を予言するおぞましいメッセージだった。悪質ないたずらと見られていたが、予告どおりに殺人は起こり、凶悪な事件は急展開を迎える。そしてついに、ジャッキーをも死へと誘う殺人予告状が届き……。タフで繊細な女刑事のスリリングなラブ・サスペンス。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 700円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ジャッキー・カミンスキーシリーズ

惑わされた女
マーゴット・ダルトン
惑わされた女
刑事に昇進して二年のジャッキーは、ある日ワシントン州の小さな町で起こった幼児誘拐事件を任される。被害者の母親は地元有力者の令嬢、父親はクロアチア人の大学講師。反目しあう元夫婦の周辺で事情聴取…
見つめる瞳
マーゴット・ダルトン
見つめる瞳
★人々の裏切りと欲望のすべてを、その瞳は見つめていた……全米で話題沸騰のジャッキー・カミンスキー・シリーズ、待望の第2弾!★一見なんの変哲もない家宅侵入事件を担当することになった女刑事ジャッキー…

見つめる瞳 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

複雑:なうしか 2018/02/21

途中で読むの面倒くさくなってしまった。 さかりが付いたヒロインも苦手。

あーあ:ウルスラ55 2018/02/21

リズ・フィールディングの原作って地に足が付いたカップルの心温まるお話が多いと…

はじめから完璧な人間はいない:オリィ 2018/02/21

久しぶりにスッキリする作品でした。

途中までは:neko 2018/02/21

楽しかったのに、中盤以降のヒーローが駄目過ぎる。読んでいてこんなにイライラ…

感動した:きなこ 2018/02/20

登場人物もみないい人達ばかりで読んでいて温かい気持ちになれました。原題、邦…

気になる・・・:メリッサ 2018/02/20

面白くて、良い話♪ けど、えくぼ、変。これえくぼの位置じゃないだろ。

読むのが大変:CRPD 2018/02/21

独白を読んでストーリーを消化するので手一杯。複雑なんだか単純何だか・・・ …

もうワンクッション欲しかったよねえ:ウルスラ55 2018/02/20

ヒーローがヒロインから衝撃の事実を告げられた後、いったんボロボロの惨めな状…

もっと部下を育てないとね~:ウルスラ55 2018/02/20

支店が複数あるようなレストランなんだからもっと部下を育てって任せていかない…

ヒーロー、バカ過ぎる:とくの 2018/02/21

ヒーロー、バカなの?誤解からヒロインを侮辱、罵倒して大いに傷つけておいて、…

このページの先頭へ