ホーム > 小説一覧 > 大いなる誘惑

大いなる誘惑

危険を愛する男たちシリーズ

大いなる誘惑

任務中に負傷して休養中のボビーは、親友に泣きつかれて頭を抱えた。地震の救援活動のために遠国の被災地へ行くという妹のカリーンを思いとどまらせてほしい、と頼まれたのだ。親友の大切な妹をいつしか女性として意識するようになっていたボビーは、断りたかった。だが、あの地域は間違いなく世界一危険だ。ボビーは欲望に屈しないことを心に誓って彼女を訪ねた。ところが、そのカリーンにとっては彼の来訪はまたとないチャンスだった。密かにボビーを想い続けていた彼女は、過保護な兄のいない隙に彼を誘惑するつもりで……。

4.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

危険を愛する男たちシリーズ

危険を愛する男たちシリーズ I

私のプリンス
スーザン・ブロックマン
私のプリンス
親善ツアーで訪米し、民衆に手を振るウスタンジア皇太子に向かって何者かが発砲した。危ういところで暗殺は未遂に終わったが犯人は逮捕されず、ツアーは皇太子の身代わりを立てて続行されることになる。選…

危険を愛する男たちシリーズ II

あの夏のヒーロー
スーザン・ブロックマン
あの夏のヒーロー
ブルー・マッコイが12年ぶりにこの町へ帰ってくる。ハイスクール時代の憧れの人との再会に、新米警官ルーシーの胸はときめいていた。しかし彼女が目にしたのは、高級カントリークラブのダンスフロアで元…

危険を愛する男たちシリーズ III

希望は君の瞳の中に
スーザン・ブロックマン
希望は君の瞳の中に
もう一度、海軍特殊部隊SEALの現役に復帰したい。ひざに重傷を負って以来それだけを生きる望みとしていたフリスコは、回復の見込みなしという医師の宣告に愕然とした。自暴自棄になった彼は、酒に溺れる日…

危険を愛する男たちシリーズ IV

招かれざる求婚者
スーザン・ブロックマン
招かれざる求婚者
メロディは妊娠7カ月目に入り悩んでいた。子供の父親に、妊娠したことを知らせたくないのだ。7カ月前、中東でテロ組織に人質にされた彼女は、海軍特殊部隊SEALの将校ジョーンズに救出され、たちまち恋に落…

危険を愛する男たちシリーズ IX

ラッキーをつかまえろ
スーザン・ブロックマン
ラッキーをつかまえろ
米海軍特殊部隊SEALの将校ルークは、基地のそばで起きた連続レイプ事件の特別捜査班に加わるために警察に赴いた。無責任な記者の中にはSEAL隊員を疑う者までいる。苛立ちを抑えて部屋に入ると、一人の女性…

危険を愛する男たちシリーズ V

誇り高き微笑
スーザン・ブロックマン
誇り高き微笑
半人前扱いするのは、もういいかげんにしてほしいわ。フインコム連邦情報委員会の諜報員P・Jは、海軍特殊部隊SEALの将校ハーヴァードにうんざりしていた。これまでも男社会で血のにじむような努力をして信…

危険を愛する男たちシリーズ VI

遠き日の英雄でなく
スーザン・ブロックマン
遠き日の英雄でなく
CIA諜報員のゾーイは、ある極秘任務を依頼されて国防総省の一室に赴いた。ずらりと待ち構えた特殊部隊SEAL隊員たちのなかで、とりわけ存在感を放つのは海軍の伝説的英雄ジェイク・ロビンソン。憧れの人に燃…

危険を愛する男たちシリーズ VIII

希望への旅人
スーザン・ブロックマン
希望への旅人
目を開けたとき、男はひどい頭痛をおぼえて見知らぬシェルターのベッドに横たわっていた。だが鏡を見た瞬間、痛みは消え去った。自分の顔に見覚えがなかったのだ。周囲の人々がミッシュと呼ぶこの男は、頭…

危険を愛する男たちシリーズ X

大いなる誘惑
スーザン・ブロックマン
大いなる誘惑
任務中に負傷して休養中のボビーは、親友に泣きつかれて頭を抱えた。地震の救援活動のために遠国の被災地へ行くという妹のカリーンを思いとどまらせてほしい、と頼まれたのだ。親友の大切な妹をいつしか女…

危険を愛する男たちシリーズ XI

孤独を抱いて眠れ
スーザン・ブロックマン
孤独を抱いて眠れ
ブリタニーは妹に懇願されて渋々ブラインドデートに向かった。相手は義弟の友人でSEAL隊員のウェズ。誤解を招かぬよう、ブリタニーは彼に会うなり、ベッドをともにする気はないとはっきり告げた。すると驚…

危険を愛する男たちシリーズ Ⅵ

禁断の口づけ
スーザン・ブロックマン
禁断の口づけ
海軍特殊部隊SEALで極秘任務に就くクラッシュは、身に覚えのない殺人容疑で逮捕された。あらゆる証拠が彼の有罪を示すなか、無実を信じて面会に訪れてくれたのは女友達のネル。1年前、母親がわりの女性が急…

大いなる誘惑 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

抵抗はむなしく 評価4 4

一番の親友で戦友でもあるウェズとの友情とそのウェズの最愛の妹の間でもがき苦しむボビー。危険を愛する男たちシリーズの7「遠き日の英雄ではなく」で、今回のヒーローのボビーが同僚のアメリカ海軍特殊部隊SEALの仲間たちに、ふっともらす「ふれたいから、ふれたくなかった」っという一言がいったい誰に向かって言っていたのかが分かります。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ひどい話:しゅう 2016/12/03

ヒロインは、この男この家族を許せるのか? 理解できないわぁ・・・

シリーズ第一弾:ひゅん 2016/12/03

表紙からドキドキ。素敵ですね。お話しの内容やストーリー展開もよかったです。…

一言でいうならば:ひゅん 2016/12/03

ハーレクイン向きの絵柄ではないのです。他のジャンルならいいかもしれません。 …

あーもう苦しい:セリシア 2016/12/02

お話自体いろいろ重い。ほんと目が離せなかった。 ヒロインには幸せになってほし…

絵は大事です。:小野寺 2016/12/02

絵柄の好き嫌いに関わらず、画面の雰囲気は大事です。たとえ美しい絵ではなくて…

シリーズなのに:さんちょ 2016/12/02

楽しく読んでたのに、突然幼稚な絵が入ってくるのはなんだか許せない。 毎回思う…

線が細い:じ 2016/12/02

絵が下手なわけではない、話運びもワクワクする。なのに線が細すぎて、人物が沈…

紙芝居みたい。:さこちゃん 2016/12/02

切り貼りしたような絵にちょっとガッカリ。 躍動感と言うか、動きのない紙芝居み…

ちょうどいい悪役:みるにゃあ 2016/12/01

ヒロインもヒーローも大人で穏やかに話が進む感じです。そしてそれを潰さない程…

ヒロインが最悪:セリシア 2016/12/02

ここまでひどいヒロインはあまりないと思うとある意味珍しいですかね。 ひたすら…

このページの先頭へ