ホーム > 小説一覧 > 天駆ける騎士

天駆ける騎士

天駆ける騎士

時はヘンリー王の御代。ウィルモント男爵の末弟スティーヴンは、大空をかける隼のように、自由と冒険をこよなく愛していた。イングランドでも名高い財力と魅力的な顔立ちのおかげで、女性たちにも親しまれ、宮廷でも楽しい日々を謳歌している。そんなある夜、目当ての女性の寝所を探して忍びこんだ部屋で、なんと若き日に夢中で愛を語り合ったマリアンと出くわした!あのときは別れの言葉も告げぬまま去ったが、相変わらず美しい。その姿がどこか悲しげに見え、スティーヴンは思わず手を伸べたが、マリアンはぴしゃりとはねつけた。「謝罪するには遅すぎるわ」

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 期間限定販売: 2017年1月30日 までとなります.
  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

天駆ける騎士 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

末っ子の恋 評価5 5

「王の定めにより」から始まる4作品のラスト。男爵家の中で一番何も束縛のない末弟スティーブン。軽そうに見えたけれど、本当に軽いのかも。ヒロインのいとこに言い寄っています。ヒロインが自分の子供を育てていたことに気が付き、結局ヒロインを手に入れようと頑張ってくれるのはいいのですが、ボンボンの良さが出てしまうことがしばしばです。騎士としては頼りになるんですけど、どうしても末っ子ですね。ウィルモント一族の幸せな姿がじっくり味わえるし、出てくる子供たちが皆かわいいので、幸せな気持ちになれます。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

話が、もったいなさすぎ:momoiro 2017/12/11

絵はかわいいところもあるのに、これから良くなりそうなのに、コマ割りからもう…

美しいし:momoiro 2017/12/11

息子、いい味出してます。

登場人物が素敵★:クローバー 2017/12/11

この作家(漫画家)さんが描く作品は登場人物が優しくて美しい人が多い。今回も…

作者はおばあちゃん?:きらっち 2017/12/11

絵柄も表現も昭和の古臭さ。不細工なビックリ目もどうにかして欲しい。話にも深…

うむむむ:romance queen 2017/12/11

作品としてはまぁよくある設定ですね。引っ込み思案なヒロインとしてのキャラ設…

月額クズ作品:きらっち 2017/12/11

ストーリーが酷すぎるし、ヒロインがときどき男性に見える。登場人物が全員病ん…

ピュア気持ち:ジュリー 2017/12/11

ヒロインもヒーローも素敵でピュアな気持ちさせてくれる。

だんだん……尻すぼみ:ジュン 2017/12/11

立ち読み部分はとても面白かったのですが……ね。さてこれからどんな難事件をヒロ…

ヒロインがダメでした。:fuyu17 2017/12/11

ヒロインについていけませんでした。最後まで読む気にならなかったです。

感謝しかありません:サラダ 2017/12/10

子供たちは私たち皆を幸せにするために生まれてきてくれる……、親である、親にな…

このページの先頭へ