ホーム > 小説一覧 > 百通りの愛し方

百通りの愛し方

百通りの愛し方

飛行機事故に遭ったダニーは乗客を助けた女性として有名になった。怪我のため自宅療養していたある日、見知らぬ男が訪ねてきた。ランドと名乗るその男はモナコの大富豪クリーブの使いで、彼に顔を見せるためにモナコに来てほしいと言う。クリーブは両親を別れさせた冷酷な祖父で、会ったこともない。たちまち怒りがこみあげ、ダニーはすぐさま追い返そうとした。だがランドは唯一の肉親にチャンスを与えるよう懇願してきた。彼のやさしさや、誘うようなほほえみはきっと仕事のためだろう。警戒しながらも、ダニーは根負けしてモナコへ旅立った。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

百通りの愛し方 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

猜疑心に食傷したかも 評価3 3

恋をすると疑心暗鬼になりがちだけど、最初から最後までそればっかりで、ヒロインを偏狭な心の持ち主に感じてしまう。ヒーローに、捨ててしまえと助言したかった。導入部で、飛行機事故にあって意識を失っているヒロインを亡父が覚醒させる設定があるけど、あれは何だったんだろう。文中のどこにもそれに触れている個所がない。あったのに気付かなかったのかしら?

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いい!:ウルスラ55 2018/04/20

私も大満足です。マリアとティファニーの後日談も知りたいから原作読もうかな。

今回はビスケット+アップルバター:ウルスラ55 2018/04/20

ダイアナパーマーも作家さんも実はあまり好きじゃないのだけどこの作品は面白か…

私は苦手:サニー 2018/04/20

好き嫌いが分かれる絵だと思います。 私は苦手です…特にヒロインの目が宇宙人み…

イマイチ:しのP 2018/04/20

これはべレア家の愛の呪縛シリーズだと思うのですが…とりあえずこのシリーズは読…

清々しい読後感:リモネ 2018/04/19

変にドロドロする事なく、それでいてメリハリのあるストーリーで凄くひきこまれ…

悪くないけど:ジェニファー 2018/04/20

10年って長過ぎる‼しかも理由がしょうもなさすぎ。ヒロイン母も理由を聞きもしな…

面白くない…:サニー 2018/04/20

もう一つの作品もそうですが、この漫画家さんネーム下手じゃないですか? あと絵…

分かりにくい:サニー 2018/04/20

絵も微妙でしたが、それ以前に文才ないのでは…? 内容が分かりにくかったです。 …

いくら似てるからってさ~:ジェニファー 2018/04/20

それだけで息子の子供って思うかな。せいぜい『うちの息子、子供の頃あんな感じ…

『公爵と家なきシンデレラ』の二番煎じ?:ユキポン 2018/04/19

作者が同じなので盗作にはならないんだろうけど…。中盤以降、コピペしたのかと思…

このページの先頭へ