ホーム > 小説一覧 > 白いベールは偽りの色

白いベールは偽りの色

白いベールは偽りの色

幼くして両親を亡くし、伯父夫婦に育てられたアリソンは、伯父の経営する銀行が経営難で存亡の危機にあると知らされた。ある日彼女は、牧場主のブルーを訪ねるよう伯父から命じられる。ブルーは貧しい生まれながら油田を当てて大富豪になった人物で、数回すれ違っただけだが、厳しい表情と青い瞳が印象的だった。その彼が、銀行を救う代償に彼女との結婚を申し入れたという。世間の信用を得たいからって、妻をお金で買おうとするなんて!そんな結婚は論外だが、伯父への恩を思うと簡単には断れない。なんとか話をつけようと、アリソンはブルーに会うことにした。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

白いベールは偽りの色 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

等身大のヒーロー 評価5 5

ヒロインの心情だけでなく,ヒーローの心情も描いてあるところが魅力的なところです。お金も,権力もあって,何でもそつなくこなすヒーローより,ブルーの様な等身大のヒーローの方が,何でもしてあげたくなってしまいそうです。アリソンとブルーの心根が美しくて,読後感爽やかです♪

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

今後の自分へ→読まないで:momoiro 2017/12/14

こういうのはハーレクインでは読みたくない。再生の物語ですが、読み手として事…

山場なし:きらっち 2017/12/14

特にこれと言った山場も障害もなく話が終わってしまった感じ。

なんでまた:きらっち 2017/12/14

ペニー・ジョーダンの話をこんな絵柄の作家さんに任せるかなー。私も月額だから…

ヒロインの魅力が今ひとつ:きらっち 2017/12/14

美人でもなく卑屈なヒロインにヒーローが惹かれた理由が分からなかった。一目惚…

なんだかな:きらっち 2017/12/14

ストーリーが散漫でちっとも入り込めない。3兄妹みんな腹黒くてヒロインにも魅力…

絵はキレイなんですが:しむしむ 2017/12/14

ヒストリカルのお話のいい所は、時代が昔の設定だからこその不便さやじれったさ…

こんな話を:momoiro 2017/12/13

面白かった!漫画になっても原作をそのまま読んでいるような印象でした。お話が…

悪くはないけど…:キッド 2017/12/14

ヒロインが残念すぎます。 自己中、KY、他人の家庭の事情を勝手に話す。 こんな…

すごい好きな作品。:とくの 2017/12/14

ヒロインがしっかり自分をもっていて流されない所が共感がもてた。かなり好きな…

結果良ければといいますが。:mochi 2017/12/13

水着を着て泳ぐのと 着衣(しかもスカート!)で川投げ込まれるのは全然違います…

このページの先頭へ