ホーム > 小説一覧 > 花嫁の値段

花嫁の値段

花嫁の値段

ミアは血も涙もない父親に道具として利用されようとしていた。ギリシア人大富豪アレクサンダー・ドゥーマスとの契約結婚――父はある島と引き換えに、跡継ぎにする男孫を得るつもりなのだ。かつて衰退したドゥーマス一族が父に売り渡したその島を、いまアレクサンダーが取り返そうと狙っていることにつけ込んで。ミアからすれば父の提案は野蛮きわまりないものに思えたが、島を買い戻すつもりでいたアレクサンダーにとっても同じだった。それでもやむなく条件をのんだ彼は蔑みを込めてミアに宣告した。「夫婦でいるあいだ定期的にきみを抱く。悪魔の子ができるまで」

3.0 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
3
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

花嫁の値段 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】父、策に溺れる! 評価3 3

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む
秘密の多いヒロイン 評価3 3

どんな過酷な状況に陥っても、妹を救い出す決意で、運命に果敢に立ち向かおうとするヒロインですが、行動そのものは結構受け身。そんなヒロインに怒りをぶつけるばかりのヒーロー。とはいえ、愛人を見せつけるわけではないし、ヒロインを虐待するわけでもないし、言葉で攻めるといっても、すぐ弱くなっていきます。事情を打ち明けられないヒロインの心を解きほぐすヒーローはやっぱりヒロインにメロメロなんだなと思いました。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いろいろ言いたい事はあるけれどー!:セリシア 2017/04/25

ですね。ヒロインが幸せになれたのでOKかなと思います。 ヒロインを取り巻く環境…

考えられない…:ジェニファー 2017/04/24

子宮摘出って簡単にできることじゃないし多分お医者さんも患者が希望するから「…

3年は短すぎるような気が:ローズ 2017/04/24

ヒーローの会社が大会社になったり、ヒロインがカウンセリングから立ち直って、…

画が下手になった?:アリスン 2017/04/23

藤臣先生の作品は好きでいつも必ず読むのですが、今回とても画のレベルか低いよ…

うん…:ネコネコ 2017/04/22

途中で読む気がしなくなってしまった…この私が!

原作とはまた違って良い♪:アリィ 2017/04/22

確かにストーリーは違うけど、夏先生のこのお話はこれで十分説得力があると思い…

えー!!どこが良いの?:なうしか 2017/04/23

評価が高いのですが、どこが良いの? これはダメだろう!昔、別れた意味もない!

眉間にシワがよる:なうしか 2017/04/21

嫌な気持ちになります。

フツーのおはなしでした:にゃんこ 2017/04/21

作者さんの策略にはまり、キウイをさがしてしまいました。あはは。

桜屋先生作品Good!:アリィ 2017/04/21

原作既読ですが、原作のヒーロー、私にとってはあまり好きになれない雰囲気があ…

このページの先頭へ