ホーム > 小説一覧 > 献身

献身

献身

元見習い看護師のマーリンは、美しい南の島に降り立った。この島には、かつて彼女が働いていた病院で外科医として活躍していたポール・ファン・セタンが住んでいる。天才の名をほしいままにした彼だったが、それももはや昔のこと。正看護師が調合し、マーリンが手渡した点眼液のせいで、彼は視力と、外科医としての将来を失ってしまった。世間の冷たい目にさらされ、彼女は罪の意識に苛まれ続けた。そのポールが今、著作をまとめるための秘書を募集している。マーリンは身元を隠して彼のために尽くすことを決心するが……。

4.0 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

献身 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

荒波にもまれる二人 評価5 5

ちょっとした失敗が二人の運命を絶望へ陥れ…心優しい人々の住む南の島で,ようやくマーリンが幸せになれたと思ったら,本当の悲しみは幸せの絶頂の直後に…そして,ポールに起きた2度目の悲劇が,二人にもたらす新たな運命は?

参考になりましたか?はい いいえ
せつない 評価3 3

こんなにひどい出来事ってあるのかしらと思う事件の発端。けなげにヒーローに尽くそうとするヒロインの姿が痛々しいです。南の島の情緒あふれる雰囲気が、もの悲しさを帯びています。コミック版より、私は小説版のほうが二人の心の葛藤が伝わってきて好きです。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ヒロイン:なうしか 2017/01/17

つまらない。 ヒロイン、復讐にきたわりには最初から口説かれる気マンマンで好き…

よかった:yuーka 2017/01/17

原作読んでで私的に泣き所が何か所もあるいいお話だったので、どんな風にコミカ…

魅惑の独身貴族シリーズ:ゆりあ 2017/01/17

かなり前に紙書籍で読みました。今回電子書籍で購入して改めて読みましたが面白…

天使:リーク 2017/01/17

ヒロインもヒロインの赤ちゃんもヒーローの息子も皆天使です。絵柄にマッチして…

ラストが…。:みるにゃあ 2017/01/17

ものすごい速さで一気に駆け抜けたような終盤の展開がもったいない感じです。 ヒ…

素敵:リーク 2017/01/16

とても素敵なヒロインとヒーロー、そして家族の絆に読後感が最高でした!ヒロイ…

マーケティ家シリーズ!:木色 2017/01/16

1〜4作目まで牧先生によってコミカライズされているため、世界観が統一されて…

背景:neko 2017/01/17

いつも思うんですけど背景綺麗ですよね~。麗しいv そこだけはいつもウットリ…

よくわからない:momo 2017/01/17

最後まで誰の気持ちもあやふや過ぎてわからなかったです。 なんで最後プロボーズ…

待っていました!:りんご 2017/01/17

先に原作を読んでおり、是非、三浦先生でコミックにならないかと待ちわびており…

このページの先頭へ