ホーム > 小説一覧 > きまじめな誘惑

きまじめな誘惑

きまじめな誘惑

大学生エリザベスは、とある新聞記事に興味をもった。危険を顧みず、水難事故から母子を救った男性の話は、研究論文のテーマ“英雄論”にぴったりだ。さっそくその英雄ゲイブに会って詳しい話を聞くため、エリザベスは夏休みを兼ね、ケンタッキー州を訪れた。だがゲイブは、想像とはまるで違うプレイボーイ。しかも、インタビューさせてほしいと彼女が頼むと、セクシーな笑みを浮かべ、とんでもないことを言いだした。「質問1回につき、キス1回。それが条件だ」

5.0 評価集計 5件の評価
評価する
評価5
5
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

きまじめな誘惑 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

こういう話は好き♪ 評価5 5

四兄弟の末っ子で、すごく女性にモテるヒーロー。だから逆に不器用で真面目なヒロインに魅かれたんだろうか?彼女のどこにそんなに惚れたのか、私には今ひとつ理解できなかったが、読後感は大変よい作品。なかなかホットで笑える上に、やがて心にホロッとくる。単純な恋愛ものになっていないところがGOOD!読んでよかった。ちなみに今作はシリーズの3作目で、ヒーロー兄弟それぞれが主人公の話あり。(『蜂蜜より甘く』『一瞬で恋して』『世話好きな恋人』)

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

実力派揃いかも:ペンペン 2017/07/28

2作品は既読でしたが、3作品ともに安定の実力派の描き手さんなので、損した気分…

内容が:ayaka 2017/07/28

あまり内容がない感じです。どういう内容だったかなーと読後に思った。

最初の印象がまるっと変わって信頼に至るまで:金鳳花 2017/07/28

理性的でカチッとした人ばかりなので、夢見るロマンスはありません。(笑) 理詰め…

運命の逆転:ゴンジュ 2017/07/27

いまいち盛り上がらない。ジェットコースターの頂点が低いから。もっと切なさも…

泣き虫ヒロイン:れん 2017/07/27

職業的にも医師という立場で泣いてばかりはいけないね。心優しいのだろうけど、…

とても良かった:れん 2017/07/27

王族貴族のハーレクインが好みなんで面白かったです。お互いを思っているのに心…

ゴージャスで大胆:そるる 2017/07/25

山田先生の大胆な作風がハーレクインにあっていると思います。特にヒーローの見…

ナオミのその後:kotori 2017/07/25

何年か前にナオミのスピンオフが雑誌に載っていたような覚えがあるんですが、誰…

最低男:ローズ 2017/07/27

あんまり素敵には思えませんでした。女にだらしない自分勝手な男。ヒロイン苦労…

ヒロインが好きになれません:ローズ 2017/07/27

悪いということはないですが、あまり性格が良くないので好きになれませんでした…

このページの先頭へ