ホーム > 小説一覧 > 冷たい瞳の誘惑者

冷たい瞳の誘惑者

アルコラール家に愛をシリーズ

冷たい瞳の誘惑者

友人の誘いでパーティに出席したメルセデスは、ひとりの魅力的な男性に目を奪われた。だが目が合ったとたん、彼の視線にひそむ何かに凍りついた。なぜそんなふうにわたしを見るの?身構えたメルセデスをよそに、彼は背を向け立ち去った。友人によれば、男性の名はジェイク・タヴァナー。やり手の実業家で、結婚に興味がないことで有名だという。気にしてはだめ。見知らぬ男性のことなんて忘れてしまおう。メルセデスはどこか落胆しつつも、自分にそう言い聞かせた。まさか、彼と数週間後に婚約するとは夢にも思わずに。★二部作〈アルコラール家に愛を〉の第二話は、末娘メルセデスがヒロインとして登場します。これまで兄たちの恋を影ながら支えてきた彼女。いったいどんな恋に落ちるのでしょうか。★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

アルコラール家に愛をシリーズ

アルコラール家に愛をシリーズ

冷たい瞳の誘惑者
ケイト・ウォーカー
冷たい瞳の誘惑者
友人の誘いでパーティに出席したメルセデスは、ひとりの魅力的な男性に目を奪われた。だが目が合ったとたん、彼の視線にひそむ何かに凍りついた。なぜそんなふうにわたしを見るの?身構えたメルセデスをよ…

冷たい瞳の誘惑者 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いいですよ:fumi 2017/04/29

以外に積極的で可愛いヒロイン、優しく男らしいヒーロー、予想外にドキドキして…

もてる男はKYなのか?:映画館 2017/04/29

よこたようこ先生の作品に何故か惹かれます。そして、何故か先生の作品、KYヒ…

稀に見る駄作:エリ 2017/04/28

いや、ひどい。こんなに不愉快な気分で読み終えたことが今まであったでしょうか……

ロマンス?:しましま 2017/04/28

絵は綺麗です。ただなんだろう?サスペンス漫画読んでるみたいな・・・。ゴージ…

とても読み応えあり!!:うましお 2017/04/28

何度読んでも引き込まれます!! マックスもマディもお互いに出会わなければこの…

偽善者…?:Shelly 2017/04/27

このヒーロー、途中で偽善者ってののしられているんだが、『善』なるところが見…

単体としてなら面白い:なつきち 2017/04/27

シリーズと思わず1つの作品と思えば素敵なお話でしたが シリーズ通して謎だった…

愛が溢れてる!:しずく 2017/04/27

高山先生の作品が好きで、無料立ち読みからすっかりはまって購入しました。各々…

このお話好き:ウルスラ55 2017/04/27

どちらのお話も好きです。既読でしたが特典目当てに買いました。 それによると元…

ヒロインアホなの?:セリシア 2017/04/27

読んでて楽しいんだけれど、どうもヒロインの身勝手っぷりがイライラしてしかた…

このページの先頭へ