ホーム > 小説一覧 > 愛と指輪の重さ

愛と指輪の重さ

愛と指輪の重さ

ネルは十九歳の姪ルーシーからEメールを受け取った。ヨーロッパの旅先で運命の人に出会い、結婚するというのだ。ネルは急遽スペインへ飛ぶと、Eメールに記された名前と連絡先から相手の男性、ルイス・フェリペ・サントロを捜し当てて面会した。ところが、彼はまったく身に覚えがないと言う。詳しい話を聞いたルイスは自分と同じ名前の従弟の仕業だと確信し、ネルに取り引きを提案した。病気で余命わずかな祖母の前で婚約者のふりをしてくれるなら、二人がいると思われる場所に案内すると。やむなくネルはサントロ家に代々伝わる指輪をはめることに……。

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛と指輪の重さ のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

さわやかな恋 評価5 5

コミック版も小説版も、どちらもお勧めの作品です。それぞれに細部の味付けや場面が違うのですが、その違いもまた楽しめます。亡くなった元妻を周りがこぞってほめたたえてヒロインをくるしめる~といった、べたな展開がない分、全体としてさわやかな雰囲気に浸れました。ヒーローが言うように、ヒロインの兄姉は最低だ!とおもいます。 

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

口が聞けないのか?:なうしか 2017/03/23

ヒーローもヒロイン父も口が無いのかって位、 大事な事伝えませんねー。 エスパ…

本当は、重いテーマですが:アリィ 2017/03/24

原作は重いテーマとサスペンス(殺人も!)ですけれど、明るめでさらりと、でも…

色々と濃い:みるにゃあ 2017/03/24

目力がパンパない画で濃さを感じます(笑)がとにかく丁寧に描いて下さっているの…

ヒーローよりも:やまだ 2017/03/23

父親が目立ってるお話でした。うーんヒーロー何してた???と言うほどヒーロー…

なんでかわからんが:さんちょ 2017/03/24

頭に入ってこない話。 パラパラと読んで終わってしまった。 ヒロインも父親に大…

カミラ:なうしか 2017/03/23

カミラって聞くとカミラ夫人が思い浮かんでゲンナリします。 相手が17歳なら純愛…

原作に無理がある:ローズ 2017/03/23

10年は長すぎますね。シリーズ物なので分かりにくかったのもありますけど、シリ…

泣けました:ローズ 2017/03/23

ヒロインの心が美しいです。優しい愛です。涙が出ました。

ほっこりします:ローズ 2017/03/23

クリスマスの時期に読みたい優しいお話です。大きな盛り上がりはないですが、嫌…

何度も読み返したくなる作品でした:ベルガモット 2017/03/22

ヒロインが優しくヒーローもヒロインに深く思いやりがあってお互いの愛情が感じ…

このページの先頭へ