ホーム > 小説一覧 > 長すぎた試練

長すぎた試練

華やかな遺産シリーズ

長すぎた試練

大牧場に君臨していた父が亡くなり、ダーシーは莫大な遺産を相続することになった。しかし、父は死ぬ間際に遺書を書き換え、遺産の管理を牧場主カートに託していた。なぜよりによってカートに?かつてダーシーの恋人だったカート。彼女は残酷なほどの強引さで二人の恋にピリオドを打った。これからはカートと頻繁に会わなければならない。私は彼とまともに顔を合わせられるだろうか?彼に別れを告げた本当の理由を隠したまま……。★偉大な父親に死なれ、虚脱感に包まれる美しきヒロイン。彼女の愛と真実を、ベテラン作家マーガレット・ウェイが描き尽くします。★

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 550円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

華やかな遺産シリーズ

華やかな遺産シリーズ I

長すぎた試練
マーガレット・ウェイ
長すぎた試練
大牧場に君臨していた父が亡くなり、ダーシーは莫大な遺産を相続することになった。しかし、父は死ぬ間際に遺書を書き換え、遺産の管理を牧場主カートに託していた。なぜよりによってカートに?かつてダー…

華やかな遺産シリーズ II

荒野の奇跡
マーガレット・ウェイ
荒野の奇跡
父親を知らず、母も早くに亡くしたケーシーは施設で育った。二十四歳になった彼女に、母の友人が父の名を明かす。ジョック・マキヴァー――奥地で権勢をふるった有力者だ。ケーシーは真実を探るため、奥地へ…

長すぎた試練 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

むーん:みーたん 2016/12/08

せっかくのこの漫画家さんなのにこのストーリーはなあ。いくらメモを残しておい…

派手な展開ではないけれど:K 2016/12/08

ヒーローの性格も素直で、相手の気持ちをきちんと汲み取れるいい人だし、ナニー…

涙:lica 2016/12/08

久しぶりにうるっときました。 いつも絵もお話も素敵な漫画家さんです。

最低男:なうしか 2016/12/08

傲慢な糞男で腹がたちました! デレになるのが遅すぎる。 処女なのに避妊薬なん…

なんだかな:あちゅ 2016/12/08

結婚式に置き去りにされたって結構な事だと思うのに、何故にこんなにあっさり許…

文句なし!:なうしか 2016/12/08

好みでした♥子供も可愛い♥

つまらん・・・:まみー 2016/12/08

別れの理由が序盤に判明するので、読者はそれを知ったヒーローが、どれだけ反省…

いつものアリスン先生とは違って:ラスカル 2016/12/08

少しコメディータッチもあり良かったです。お話はシンデレラストーリーかな。紙…

とても気に入りました:れたす 2016/12/08

主人公の心の流れがとても丁寧に描かれてて、スラスラ読めました。

なんじゃい!!:クレヨン003 2016/12/08

なんだか自信満々みたいだったのに、ちょっと嘘を吹き込まれたらその気になって…

このページの先頭へ