ホーム > 小説一覧 > 葡萄色の追憶

葡萄色の追憶

葡萄色の追憶

アニーは小さな村でティールームを経営している。平穏な生活を送る彼女だが、過去にはつらい出来事があった。九年前、フランスのワイナリーで料理人として働いていたとき、彼女は管理人のエチエンヌと夢のような恋に落ちた。しかし幸福は長く続かず、彼は暴力事件に巻きこまれて殺された。アニーはひとり、胸の張り裂けそうな思いで帰国したのだ。以来、エチエンヌは彼女の心の中で生きつづけている。ある日、見慣れない男性がふらりと店に入ってきた。彼を見た瞬間、アニーの心臓は止まりそうになった。一瞬、エチエンヌが現れた気がしたのだ。少しも似ていないのに。★キャロライン・アンダーソンが久々に放つ注目作です。ヒーローは有名なサスペンス作家で、リッチで紳士的。そんな彼と惹かれ合いながらも、ヒロインの心の底には深い悲しみが横たわっていて……。苦渋に満ちた愛の物語です。★

5.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

葡萄色の追憶 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

過去の恋と新しい恋 評価5 5

漫画で読んだ時も良かったのですが,小説で読むとさらに深みがあって,オススメです。若くして死んだ恋人って永遠の恋人ですよね。過去の切ない恋と,新たに訪れた家主マイケルとの恋。そして,息子スティーブンが父親と求め合う気持ちに…心動かされます!アニーやマイケルの作り出す料理も美味しそうです♪

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

結構好き!:セリシア 2017/06/28

傲慢ヒーローだとは思うんですが、嫌な部分も確かに。でも、常になんだか違和感…

雰囲気がある:セリシア 2017/06/28

物語に雰囲気があるところが好きです。ヒーローは若干歪んでるし、ヒロインもい…

何これ?:ねこりん 2017/06/28

無料でなかったら読みません。 いや、無料でも読んで損した気分です。

かわいいヒロイン:まい 2017/06/27

明るくて一生懸命でかわいいヒロイン。とっても好感がもてます。そんなヒロイン…

つなぎが悪い。。。:Aroma 2017/06/27

レビューされた方皆さんのおっしゃってる通りですね。この作品紙ベースで読んだ…

ああ、もったいない~。:金鳳花 2017/06/27

全てに余裕のなさを感じます。ゆったりと2冊組とかで駆け足じゃないストーリー展…

スピンオフ:ウルスラ55 2017/06/28

ずっと前に読みましたが再読です。面白くなくは無いけど地味なお話かなあと思い…

パパとママのロマンスも見たい:サノア 2017/06/27

5人兄弟(妹)のお話も、これでおしまいですね。ほんわかな牧あけみ先生の漫画で…

深みがない。:たこまる 2017/06/27

悪い話ではないです。が、申し訳ないが絵師さまが完全にお話を 生かしきれてませ…

めんどくさい:ゆずこ 2017/06/25

真実を言えばいいのに、回りくどいな、と何度かんじたことか。。好色な父親もひ…

このページの先頭へ