ホーム > 小説一覧 > 一夜の絆

一夜の絆

ドクターと見る夢シリーズ

一夜の絆

ベスはいまだに自分のとった行動が信じられなかった。男性についてはとりわけ慎重なはずの彼女が、金曜の夜、出会ったばかりの男性とベッドをともにしてしまったのだ。緑の瞳が印象的なゲイブは、ベスを優しく包みこみ、ときに激しく、繰り返し愛してくれた。ベスも、一夜限りの相手に奔放に応えた。ところが翌週、ベスの働く病院に現れた新任の外科医は、なんと週末の夜の情事の相手、ゲイブだった!ベスはうろたえながらも、心を決めた。あの夜のことは胸に封じこめ、彼とはあくまで医師と看護師として冷静につき合っていこう、と。だが、そんなベスの決心を、予想外の出来事が粉々に打ち砕いた。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

ドクターと見る夢シリーズ

一夜の絆
エイミー・アンドルーズ
一夜の絆
ベスはいまだに自分のとった行動が信じられなかった。男性についてはとりわけ慎重なはずの彼女が、金曜の夜、出会ったばかりの男性とベッドをともにしてしまったのだ。緑の瞳が印象的なゲイブは、ベスを優…
夏の天使の贈り物
エイミー・アンドルーズ
夏の天使の贈り物
勤め先の病院に、ルカ・ロマノが戻ってくる――。看護師のリラはそのニュースに困惑した。別居中の夫が、再び医師として、職場の同僚になるというのだ。ルカは七年前、リラの流産をきっかけに彼女のもとを去…
午前零時の告白
エイミー・アンドルーズ
午前零時の告白
看護師のヘイリーは見知らぬ男性とのキスを何度も思い返していた。大晦日の夜、病院関係者のパーティは幸せそうなカップルばかりで、彼女は会場を抜け出してバルコニーで新年を迎えた。そして隣にいたタキ…

一夜の絆 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

美しいし:momoiro 2017/12/11

息子、いい味出してます。

登場人物が素敵★:クローバー 2017/12/11

この作家(漫画家)さんが描く作品は登場人物が優しくて美しい人が多い。今回も…

作者はおばあちゃん?:きらっち 2017/12/11

絵柄も表現も昭和の古臭さ。不細工なビックリ目もどうにかして欲しい。話にも深…

うむむむ:romance queen 2017/12/11

作品としてはまぁよくある設定ですね。引っ込み思案なヒロインとしてのキャラ設…

月額クズ作品:きらっち 2017/12/11

ストーリーが酷すぎるし、ヒロインがときどき男性に見える。登場人物が全員病ん…

ピュア気持ち:ジュリー 2017/12/11

ヒロインもヒーローも素敵でピュアな気持ちさせてくれる。

だんだん……尻すぼみ:ジュン 2017/12/11

立ち読み部分はとても面白かったのですが……ね。さてこれからどんな難事件をヒロ…

ヒロインがダメでした。:fuyu17 2017/12/11

ヒロインについていけませんでした。最後まで読む気にならなかったです。

感謝しかありません:サラダ 2017/12/10

子供たちは私たち皆を幸せにするために生まれてきてくれる……、親である、親にな…

このページの先頭へ