ホーム > 小説一覧 > オアシスの熱い闇

ロマンスライブラリをブックマーク

オアシスの熱い闇

オアシスの熱い闇

隣国のスルタンの誕生日パーティで、ジャミーラは初恋の人に再会した。少女時代から心ひそかに憧れていたシーク・サルマン――5年前にジャミーラを誘惑して純潔を奪い、残酷に別れを告げた男。彼は今も悪名高いプレイボーイとして自堕落な生活を送っているらしい。いいかげんに彼のことなど忘れようと決意したところだったのに……。目が合った瞬間、サルマンは苦痛を感じたように顔をゆがめたが、すぐにけだるげなまなざしでジャミーラの体を見下ろした。「君はあのときも美しかったが、今は成熟してあでやかな美女になった」値踏みするような態度に怒りを覚えて激しい口論になったのもつかの間、焼き印のように熱いキスでジャミーラは唇をふさがれた。■放埒にふるまう砂漠の王子が、実は意外な素顔を隠していて……。せつなくも情熱的なアラビアンナイトをお楽しみください。本作は『砂漠の国にとらわれて』の関連作で、さらに来月には隣国アル・オマールのスルタンをヒーローにした作品も刊行されます。

4.5 評価集計 2件の評価
評価する
評価5
1
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は ロマンスライブラリ公式アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ

オアシスの熱い闇 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

【ネタバレ】ゾクゾクする! 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを読む

著者名/作家名検索

最近投稿されたレビュー

定番のハーレクイン:サンタルチア 2018/05/21

よくあるお話でしたが好みです。ヒロインは自立しているイギリス人女性。相手は…

ボスに贈る宝物:ゴンジュ 2018/05/20

満足です。後味がとてもいい。やはり切なさがないと、ハーレではない。

ムリ。:アメリア 2018/05/20

ヒーローはつまり避妊もせず仮想世界楽しむだけ楽しんで自分の世界に戻った訳で…

スペイン式プロポーズ:ゴンジュ 2018/05/20

女性心理をよく表している。

最高~!:あずき 2018/05/19

美しい作画と大人の雰囲気がとっても良かったです。画力がある著者なのでどんな…

ヒストリカルも良いけど:あずき 2018/05/20

現代ものも楽しめました。ヒロインはプロのシェフなのできっとヒーローを満足さ…

秘密めいた再会:ゴンジュ 2018/05/19

ハーレらしい作品です。切なさもあり、満足しました。 評価を不満足・普通・満足…

う~ん…ムリ~…:ソナチネアルバム 2018/05/19

くりゅみさんも書かれてるけど、絵が…。無理です、うけつけない。評価はしかたな…

重くて面倒なヒロイン:金鳳花 2018/05/19

重くて面倒なヒロインです。国外で経験を積んで成長したはずがちっとも。昔は父…

さらっと軽く読めば良い感じ:金鳳花 2018/05/19

微妙にヒロインに共感出来なかったのが残念。回りにダメダメ男がいっぱいのヒロ…

このページの先頭へ