ホーム > 小説一覧 > プレイ・ゲーム

プレイ・ゲーム

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

プレイ・ゲーム

ケイティとディーンは同僚で友人同士。ケイティは最近出会ったジミーとの微妙な関係のことも打ち明けるし、筋金入りのゲイボーイであるディーンが、新しい男と一晩中フェラチオにふけっていたおかげで今朝の会議に遅刻してきたことも、渋々だが許している。だが、ジミーとまだセックスまで至っていないことをからかわれたとき、彼女は思わず言い返した――女を知らないあなたにはわからない、と。「女とヤラないからって、女をイカせられないわけじゃない」ディーンも応酬し、宣言した。「僕が君をイカせてやるよ」思いがけない挑戦を受け、ケイティは期待に震えた。男しか愛さない美しいディーンの、魅力とワザを一身に受けることを想像して。

3.0 評価集計 9件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
2
 

評価3
1
 

評価2
2
 

評価1
2
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大1,200文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 200円 / 250円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

濡れた手錠
アリスン・タイラー
濡れた手錠
★ロマンス以上ポルノ未満? それが全欧米で話題の新ジャンル、“エロティカ”!★妄想の手錠プレイが、現実になったとき――★ケイトには誰にも言えない秘密があった。いけないとは思いながら、美人でお堅い優等…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

妄想No. 1, 2, 3
エメリア・エルムウッド
妄想No. 1, 2, 3
★“エロティカ”は、最も淫らな夢の実現。今夜も、あなたの代わりに叶えましょう。★お堅いエマは3年越しの恋人にフラれ、ゲイの友人たちに慰められていた。彼らは一様に、セックスの相性が悪かったに違いない…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

窓越しのエクスタシー
イライザ・アダムス
窓越しのエクスタシー
★エロティカは、ファンタジーを叶える夜だけの魔法。★私は隣人をのぞき見しながら自慰に耽ることが、もうやめられなくなっていた。2週間前隣に越してきた男は、毎晩帰宅するとカーテンのない窓の前で服を脱…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

暗闇バイブレーション
エデン・ブラッドリー
暗闇バイブレーション
★見知らぬ者同士でもセックスできる。そこからストーリーは生まれるから。ストーリーのあるセックス――それがエロティカ。★夜行列車で旅行中のケイトは、ある行為にとりつかれていた。空いている寝台コンパ…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

戯れはスイート&ハード
リサ・レネー・・ジョーンズ
戯れはスイート&ハード
★とろけるように甘く、しびれるようにハード。それが“エロティカ”――快楽と服従の物語★ライアンとサラは親同士が敵対する企業の社長同士という、ロミオとジュリエットだった。学生時代、お堅い優等生だった…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

ボスの専属調教師
アレグラ・ヴェルデ
ボスの専属調教師
★エロティカとは、妄想をかきたてるエロティックなアートのこと。つまり、あなたの脚の間を熱くする読み物。ほら、こんなふうに……★何もかもうまくいっていた。クライアントのアレックスに、デスクで激しく…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

プレイ・ゲーム
ミーガン・ハート
プレイ・ゲーム
ケイティとディーンは同僚で友人同士。ケイティは最近出会ったジミーとの微妙な関係のことも打ち明けるし、筋金入りのゲイボーイであるディーンが、新しい男と一晩中フェラチオにふけっていたおかげで今朝…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

侯爵と私
ポーシャ・ダ・コスタ
侯爵と私
★Erotica(エロティカ)ジャンルが欧米で話題沸騰! 五感を刺激する魅惑のストーリー★ご主人様、どうか私を罰してください――★イギリスの由緒正しき侯爵邸でメイドをしているローズは、雇い主の侯爵の私室…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

檻~ラ・カージュ~
サスキア・ウォーカー
檻~ラ・カージュ~
★ホットでタブーなErotica(エロティカ)が、全欧米で話題騒然!★私は知ってしまった、服従の悦びを――★パリの古いアパルトマンに越してきたジェニファーは、鳥籠のようなアンティークのエレベーターで家主…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

真夏の夜のお仕置き
アン・カルフーン
真夏の夜のお仕置き
★全米で話題沸騰のNEWジャンル、Erotica(エロティカ)。こんな愛の形、いけないですか?★彼との約束を破った私に待っていた、熱いお仕置き――★ある夏の夜、テスは“物騒だから窓は必ず閉めて寝ろよ”というド…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

7日間のご主人様
ティファニー・ライス
7日間のご主人様
エレノアは“S”の恋人が1週間留守にする間、同じ嗜好を持つ彼の友人ダニエルに貸し出されることになった。ダニエルは“M”の妻を3年前に亡くして以来、雪深いニューイングランドの屋敷に引きこもっているとい…

12 シェイズ・オブ・ナイトシリーズ

夫に言えないエクスタシー
アデライデ・コール
夫に言えないエクスタシー
★エロティカ・シリーズ〈12 シェイズ・オブ・ナイト〉最終話は、人妻のひとときの秘め事……★ヴァレリーの中で、何かが濁り始めていた。外交官の夫と2人の子供。暮らしているのは花の都パリ。誰もが羨む生活…

プレイ・ゲーム のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

痛いの嫌いな方へ 評価4 4

エロティカですから、夢みるキラキラロマンスはない訳で、一癖二癖ある作品ばかり。で、痛いのが嫌いな方には、この作品がいいのでは? カップルじゃない男女間のお楽しみっていうカテゴリーに入りますが、痛いシーンはなかった。(笑) 友人同士が引くに引けず結局エッチ・・・という流れですが、ホモ×ヘテロ(こんな表現して大丈夫だった?)なので、タイトル通り「プレイ感覚」で、後味の悪さはあまりなかった。彼らのお互いへのいたわりとか厚い友情が感じられた。恋愛で行き詰る気持ちに対して身体を使って気持ちの確認をさせてあげるという感じ?  私にはジミーの設定が萌えキャラだったんだけど、ページ数の関係か、彼の描写が掘り下げられてなくて、それが残念でした。(自分で妄想膨らませたよ)  ところで「痛くても純愛」がお好みの方には、「真夏の夜のお仕置き」がおススメかな♡

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

子供がとてもかわいい:ラニア 2017/03/25

子供がとてもかわいい。まるで主役のように

魅力的な作品:ささ 2017/03/25

立木さんの絵は特別鮮麗されたわけではないんですが、どの作品も何故だかとても…

うん、いいね:エリカ 2017/03/25

この作画さん、とても上達してるのね!特に子供!可愛かったー!構成的には余分…

ヤンデレNo.1:まる 2017/03/25

リン・グレアムの作品は、まるでヤンデレの品評会のようで毎度楽しんでますが、…

ヒーロー糞すぎる!:なうしか 2017/03/25

はー?ブローチも疑って、元カノ妊娠したかもで帰したんだよね。 そんな男は信用…

何度読んでも好きです:ローズ 2017/03/25

何度も読んでますがやっぱり良いです! 麻生先生のリングレはどれも素晴らしい…

えー!簡単すぎる:なうしか 2017/03/25

安い恋愛だなー 子供も預けっぱなし。 良いところが見当たらない。

絵は素敵だが盛り上がらない:なうしか 2017/03/25

お祖母様の為に結婚ではなくて自分の為にじゃない? ヒロイン、天然を装ってちょ…

ムリ!:なうしか 2017/03/24

最後まで読めませんでした。 こんなママゴト子育てないだろ。 インフルエンザの…

本誌と違う絵???:ムーン 2017/03/24

本誌で読んで良かったので デジタル購入 え 作家さん名間違えた?? と思ったの …

このページの先頭へ