ホーム > 小説一覧 > 恋の道に迷ったら

恋の道に迷ったら

恋の道に迷ったら

目前に迫った香港と中国への旅を楽しみにしていたローリーは、上司のモーリスに高価な指輪を預かってほしいと頼まれ、困惑しながらも断りきれずに引き受けた。誕生日にその指輪を贈ることを秘密にしておいて妻を喜ばせたいというモーリスの話にほだされたのだ。指輪を持ち帰った晩、彼女の留守に何者かが部屋に侵入した。犯人のねらいは指輪だったのでは? そう思うと不安でたまらず、ローリーはやむなく旅先まで大切な指輪を持っていくことにした。ところが不安は旅先でも彼女につきまとって離れなかった。タイラーという魅力的な男性が行く先々に現れて……。

3.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
1
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

恋の道に迷ったら のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

方向音痴ヒロイン 評価3 3

友達と一緒に旅行に行く予定が、一人でツアーに参加することになったヒロイン。海外旅行ですが・・・ヒロイン、恐ろしいほど方向音痴で無鉄砲です。タイラーが行く先々で世話をしてあげなかったら、帰国できなかったのではないか??と思うことしばしばでした。親切なのに、怪しさが漂うヒーローですが、指輪をめぐる事情ゆえ、仕方ないかも。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

涙の雨のあとで:ゴンジュ 2017/03/26

とてもよく心理描写が描かれていると思います。コミックでは読んだことがあるの…

泣いた:ネコネコ 2017/03/26

119ページのヒロインの台詞にドキューンとやられました。いや、もう、ヒーローの…

え~っと:まつ栗 2017/03/26

秋乃さんのハーレが好きなので読みました。が、原作のせいでしょうが、またそう…

fu~~mu:romance queen 2017/03/26

時間を空けて2回読みましたが、同じ感想でした。セックスをしたいと思うほど好き…

子供がとてもかわいい:ラニア 2017/03/25

子供がとてもかわいい。まるで主役のように

魅力的な作品:ささ 2017/03/25

立木さんの絵は特別鮮麗されたわけではないんですが、どの作品も何故だかとても…

うん、いいね:エリカ 2017/03/25

この作画さん、とても上達してるのね!特に子供!可愛かったー!構成的には余分…

ヤンデレNo.1:まる 2017/03/25

リン・グレアムの作品は、まるでヤンデレの品評会のようで毎度楽しんでますが、…

ヒーロー糞すぎる!:なうしか 2017/03/25

はー?ブローチも疑って、元カノ妊娠したかもで帰したんだよね。 そんな男は信用…

何度読んでも好きです:ローズ 2017/03/26

何度も読んでますがやっぱり良いです! 麻生先生のリングレはどれも素晴らしい…

このページの先頭へ