ホーム > 小説一覧 > 白い冬の旋律

白い冬の旋律

愛をたどる系譜シリーズ

白い冬の旋律

街にクリスマスキャロルが流れる季節になると、ピッパは浮き足立つ人々を避けるように仕事にのめり込む。数年前のクリスマスの、つらい失恋をまだ忘れられないからだ。そんなある日、ピッパはロスコーという実業家と出会う。彼女の美しさに惹かれたと臆面もなく言うロスコーは、“窮地にいる弟を誘惑してほしい”と奇妙な依頼をする。わたしに惹かれていると言いながら、弟を誘惑しろですって?失礼な申し出に憤慨するべきだと思いながら、ピッパは断れなかった。尊大でどこか陰のあるロスコーに、彼女も興味を引かれていた。愛に心を閉ざしている自分と、どこか似ている気がして……。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛をたどる系譜シリーズ

愛をたどる系譜シリーズ I

白い冬の旋律
ルーシー・ゴードン
白い冬の旋律
街にクリスマスキャロルが流れる季節になると、ピッパは浮き足立つ人々を避けるように仕事にのめり込む。数年前のクリスマスの、つらい失恋をまだ忘れられないからだ。そんなある日、ピッパはロスコーとい…

愛をたどる系譜シリーズ II

花嫁までの距離
ルーシー・ゴードン
花嫁までの距離
17歳の看護実習生ディーは、姉の帰りを待っていた。きょうは美人の姉シルビアが、家に新しい恋人を連れてくる。マークが玄関に現れたとき、ディーは息が止まりそうになった。こんなにもハンサムで、明るく…

白い冬の旋律 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ポエム?:ぼいこ 2017/05/24

話の所々で説明がポエムのよう…。肝心なところで具体的な説明が端折られ、なんだ…

うむむ。愛が見付けられなかった・・・:金鳳花 2017/05/24

重いお話です。ヒロインの生き悩んでいる状況が気になって一気にストーリーに引…

面白く描いているようで・・:tama 2017/05/23

二人のつまらないやりとりにイライラするばかりでした。 何よりお酒のせいで、泥…

毎度思うことだけど:はとめ 2017/05/24

人の話を聞かない、事実を徹底的に調べないような軽率なヒーローが大企業のCEOと…

鬼退治:なうしか 2017/05/23

キュンとする所は無くて、鬼退治みたいな話です。

雰囲気はあるかなー:セリシア 2017/05/22

すごく雰囲気のある絵柄で緩やかな印象。 ただ、ちょっとそれはどうなの?という…

唐突!:なうしか 2017/05/22

急に怒って子供を取り上げて、ドヤ顔で迎えに来たって感じ。 ヒーローの気持ちが…

残念過ぎる:ルカ 2017/05/22

原作が好きなだけに稚拙な絵が残念です。ハーレクインでなければいいかも。内容…

久しぶりに:編み虫 2017/05/22

良い内容でした。

な・なつかしぃ~:クレヨン003 2017/05/23

おばさんの私が子供のころから知っている先生だ。 びっくり!!    お元気で…

このページの先頭へ