ホーム > 小説一覧 > 楽園の忘れ物

楽園の忘れ物

楽園の忘れ物

ドルーは限界だった。ボスのカヨの下で働いて5年、巨大企業を率いる彼の手足となり、世界中で起こるトラブルの処理から、別れた恋人への贈り物の手配まで、どんな仕事もこなしてきた。私はひたすら耐えてきた。それも療養中の弟の医療費をまかなうため、そして3年前、カヨと交わした一度きりのキスの思い出のため……。けれど弟を亡くした今、自分をあとまわしにするのはこれでおしまい。ボスに尽くすだけのかなわぬ想いからも、そろそろ解放されたい。ドルーはカヨに退職を申し出た。有能な秘書の突然の申し出に、カヨは内心あわてた。そこで言葉巧みに南の島へ誘い、彼女を手に入れて引き留めようと企む。

1.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

楽園の忘れ物 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

淡々と進むだけ 評価1 1

回りくどく心情や情景が書き連ねてあるだけで、感情移入出来る部分がなかった。ヒロインは強い意志でヒーローの元を去ろう行動しても何度でもそれを曲げる。そしてヒーローも何がきっかけなのか読者に伝わるもののないままにヒロインに惹かれる。ダラダラと続く2人のやり取りに嫌気がさして、途中は会話部分を拾って読んだ。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

話はいいんだけどねぇ・・:あむあむ 2017/11/23

背景がほぼないし、顔の特徴も何人(というよりどこ系)なのかわからない書き方…

なんじゃこりゃ2:つぶ 2017/11/23

バタバタバタってワケわかんないまま終わった!説明調なセリフばっかで読むのも…

ごめん:クレヨン003 2017/11/22

先に謝ります。 この方御姉妹の作品読むのに覚悟が必要なのよね。 月額だから…

背中が痛い:クレヨン003 2017/11/23

この作画者さんの画はカチンコチンって感じですよね。出てくる人物皆姿勢よすぎ…

ヒロインがちょっと残念:セリシア 2017/11/22

でも、実際に自分の過去がそうだったら(そんな過去なんてありえないけれども)…

面白かったです!!:ハカチャン 2017/11/22

内容とタイトルが噛み合っていませんでした。タイトルを見た時は「億万長者との…

いいですね:ジョディ 2017/11/22

ハレークィンしかいないですね。こんな男性。美しい絵と夢の世界を見せてくれま…

もっと、長く見たかった:momoiro 2017/11/21

くるくるウェーブロング…めちゃ好き、たまらん。ちょっとだけ後ろで結んでて…さ…

意味わからん:さんちょ 2017/11/22

ヒロインがうるさすぎて頭に入ってこない作品。 ヒロイン弟も円換算で1億以上も…

いいお話:ハル 2017/11/22

泣けるほどいいお話でした。 でも、いくらなんでもジェンマは太り過ぎです。忙し…

このページの先頭へ