ホーム > 小説一覧 > あの日のきみは何処に

あの日のきみは何処に

あの日のきみは何処に

助産師のスカーレット・ロビンは、いつも内気で目立たない存在だった。女性の憧れの的である医師のシンクレアに片思いしていたけれど、彼が振り向いてくれることなど、期待できるはずもなかった。だがある晩、珍しく着飾って外出した先でシンクレアにでくわし、スカーレットは思いがけずも彼の熱い視線を受け止めることになる。誘われるまま夢のようなひとときを過ごし、夜明けを待たず逃げ出した。気まぐれな男性に、永遠の愛を求めるのは不毛だと知っているから。それなのに、あの情熱の一夜に続きがあったなんて……。10カ月後、スカーレットは元勤務先であるシンクレアの病院へ戻った。架空の男性の妻で、出産間近のミセス・S・コナーズとして。■自身の不幸な生い立ちから男性の愛を信じられないスカーレットは、いもしない夫を盾に、自分の子ではないかといぶかるシンクレアを退けようとしますが……。イマージュ期待の作家F・マッカーサーが贈るシークレットベビーの物語は、編集者おすすめの珠玉作です。

2.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
1
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

あの日のきみは何処に のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

いつ結婚?:ペンペン 2018/01/23

原作が98円の時購入して、流し読みのままコミックも購入。コミック読んで結婚の…

確かに4コマ漫画:れん 2018/01/23

うーん、黒田先生好きな漫画家さんの一人なんですけど。。。表紙も美しいので期…

最高作品:きなこ 2018/01/23

黒田先生の作品の中でも特に面白い。絵もきれいで話の展開もよく何度も読んでい…

手抜き??:アジフライ 2018/01/22

この先生の絵は好きなんですけど、さすがにこの作品はちょっと残念でした。 背景…

誤植?:あんこ 2018/01/22

37ページの結婚は離婚の間違いですか? 話はかわいくて良いと思います。

原作を爽やかにアレンジ!:ペタルア 2018/01/23

理不尽な結婚の裏にあったもう一つの隠された真実が、実は原作にはないアレンジ…

とても良い読後感:サクレ 2018/01/22

ちょっと今まで読んだハーレとはちがうな・・という感想です。後味がとても良か…

ちょっとね・・・:Coco 2018/01/22

いくら連作でも、2ページまるっと使いまわしは無いでしょ。しかも、前作のヒロ…

西洋人にありがちな勘違い罵倒話。:jun 2018/01/22

もう、最初から最後まで、思い込みで相手を罵倒し、相手が好きというバカ野郎の…

子どもが二歳に見えない。:パタリン 2018/01/22

子どもの絵が二歳児設定なのに、どう見ても5~7歳に見える。違和感たっぷり。 話…

このページの先頭へ