ホーム > 小説一覧 > 赤い髪の天使

赤い髪の天使

愛をささやく湖シリーズ

赤い髪の天使

湖のかなたに浮かぶ古びた灯台を眺め、シドニーは思った。あそこに例の〝湖上の怪人〟が住んでいるんだわ。町の噂によると最近、灯台に謎の男性が移り住んできたらしい。いったいどんな人なのかしら?ブレナン家の末娘シドニーは芸術家ながら華やかな姉たちとは違い、地味で控えめなタイプだった。今は森のアトリエでひっそりと暮らしている。孤独は気にならないが、今日はなぜか人恋しい気分だ。ふと気がつくと、目の前に長身の男性がたたずんでいた。もしかして、この人が怪人なの?美しくも鋭いまなざしに貫かれた瞬間、彼女は深みに溺れていった。■湖畔の町デビルズ・コーヴを舞台にした珠玉のロマンティック・サスペンス四部作。控えめで心やさしい末娘シドニーははたして真実の愛にめぐりあえるのでしょうか?

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

愛をささやく湖シリーズ

愛をささやく湖シリーズ IV

赤い髪の天使
ルース・ランガン
赤い髪の天使
湖のかなたに浮かぶ古びた灯台を眺め、シドニーは思った。あそこに例の〝湖上の怪人〟が住んでいるんだわ。町の噂によると最近、灯台に謎の男性が移り住んできたらしい。いったいどんな人なのかしら?ブレ…

赤い髪の天使 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

セクシーロマンス:ペタルア 2017/02/23

先生の久々のパッションラブ、嬉しかったです! 原作も刺激的でしたが、二人の絡…

ロマンはあるんだけれどなー:セリシア 2017/02/22

ファンタジー要素も兼ね備えた話ではあるんですが、若干違和感というか、うーん…

この設定どこかで…:銀ヤンマ 2017/02/22

と思ったら、お兄さんの方のお話を先に読んでいました。こちらを読んでから「仮…

んん?:さんちょ 2017/02/22

結局、ヒロインは医者なのか、看護師なのか。 なんでこんな変なとこで疑問しなき…

ちょっと:ゆずこ 2017/02/22

退屈でした。正直なヒロインには好感がもてましたけど、強引な展開でしたが盛り…

静か過ぎる:さんちょ 2017/02/22

ほとんど山もなければ谷もない、淡々とした話。 それに合わせてなのか作画も淡々…

続きを読む気が:Aroma 2017/02/22

しません。こんな作品初めて(゜-゜)原作がイマイチなのか著者さんの構成力に問題…

皆さんの言う通りだった…:わっち 2017/02/22

ヒーローの母親がサバサバしていて、こんな姑さんは理想です。 ところで父親に天…

サイズ感:さんちょ 2017/02/22

ストーリーとか面白いけど、この作画者さんのサイズ感ってどんなんだけ変なんだ…

ピかピかの中学生:たこまる 2017/02/22

いやはや、ストーリーは不快なくゆっくりとすれ違いな二人の間を埋めていきます…

このページの先頭へ