ホーム > 小説一覧 > セイレーンの涙――見えない愛につながれて 下

セイレーンの涙――見えない愛につながれて 下

セイレーンの涙――見えない愛につながれて 下

★ロマンスファンも、アンチ・ロマンスファンも、この挑発的(プロヴォカティブ)なエロティカからは目が離せない! 1行を追うごとに、深く堕ちていく――愛の深淵へと。★ノーラはついに、自身がそれまで生きてきたSMの地下世界をザックの眼前にさらした。そしてそこに絶対神として君臨するソルンの正体も。ノーラの定義では、“エロティカとは、愛するが故に別れを選ぶ恋人たちの物語”――それは、ソルンとも、ウェスとも、決して結ばれることのないノーラ自身の物語なのだった。そして彼女が書き終えたとき、ザックは打ち明ける。去って行った最愛の妻グレースのことを。愛すればこその別れは、彼の物語でもあることを。ノーラとの共同作業は、いつしか互いの心の膿をさらけ出し、吸い、拭い合う癒やしとなっていたのだった。ノーラ、ザック、ウェス……物語が完成した今、ハッピーエンドは誰に訪れるのか。誰にも予想できない、極限のクライマックス!

1.0 評価集計 1件の評価
評価する
評価5
0
 

評価4
0
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
1
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 300円 / 350円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

セイレーンの涙――見えない愛につながれて 下 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ヒロインが子供:ローズ 2017/03/28

17歳にしか見えないと言われていますしそう見えます。だからちょっと見た目で感…

本当最低男ですよね:ローズ 2017/03/28

子供ができにくいってだけでポイ捨てするヒーロー。その別れ方が汚すぎて最低で…

絵が…:まめ 2017/03/28

とても残念でした。 美しくてゴージャスでキラキラした世界なHQが好きなので、ス…

この方もまた:あやの 2017/03/28

作品を重ねる度にハーレに馴染んだ美しい画を描かれるようになったなあ、ハーレ…

読み応えあり!:クララ 2017/03/27

色々なエピソードが見事にまとめあげられていて読みやすいし読み応えあるしで大…

涙の雨のあとで:ゴンジュ 2017/03/28

とてもよく心理描写が描かれていると思います。コミックでは読んだことがあるの…

泣いた:ネコネコ 2017/03/26

119ページのヒロインの台詞にドキューンとやられました。いや、もう、ヒーローの…

え~っと:まつ栗 2017/03/26

秋乃さんのハーレが好きなので読みました。が、原作のせいでしょうが、またそう…

fu~~mu:romance queen 2017/03/27

時間を空けて2回読みましたが、同じ感想でした。セックスをしたいと思うほど好き…

子供がとてもかわいい:ラニア 2017/03/25

子供がとてもかわいい。まるで主役のように

このページの先頭へ