ホーム > 小説一覧 > 屈辱に満ちた再会

屈辱に満ちた再会

屈辱に満ちた再会

数年前、ケイラは敏腕実業家のデュアルドと恋に落ちた。父親の反対を押し切って結婚したものの、三日で破局を迎える。デュアルドの目的が父の会社の乗っとりだと聞かされ、ケイラは夫のもとを去ったのだ。その後、父の事業は破綻し、自殺した父は莫大な借金を遺した。華やかな暮らしから一転、いまは身を粉にして働く毎日だ。働いても働いても、返済までの道は遠い。そんな折、ギャンブルに手を出し負けのこんだ弟が襲われた。たまらずかつての夫デュアルドに助けを求めたが、彼は条件をつけてきた。もう一度、二人が結婚すること、と……。★一度別れた夫と、ふたたびの結婚を強いられるヒロイン。ページを開けば、華やかで非情、目くるめくヘレン・ビアンチンの世界が広がります。★

4.5 評価集計 3件の評価
評価する
評価5
2
 

評価4
1
 

評価3
0
 

評価2
0
 

評価1
0
 

閉じる


  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

屈辱に満ちた再会 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

素直になろうよ♪ 評価5 5
ロマンス ライブラリで購入済み

激しい恋に落ちて結婚してすぐに引き裂かれた二人。ずっとヒロインを想っていたヒーローのさりげないたくましい優しさにドキドキします。早く彼を信じて素直になりなさい!ってヒロインに言ってあげたくなります。

参考になりましたか?はい いいえ

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

グレイ?:アリス 2017/04/26

ヒロインがイメチェンした時、私には宇宙人にしか見えなかった。絵もひどいが話…

コミックの方がすきかな:ハル 2017/04/25

読みながら、コミックの画が浮かんで来るようでした。どちらかというと、スッキ…

セリフだけで話が進む:なうしか 2017/04/25

なんか、お互い独り言をベラベラ喋ってる感じ。 センスなさすぎ。

うーん、魅力が足りないよ。:なうしか 2017/04/25

えー!プレイボーイの割には落とすの簡単だな〜。 ヒロインも処女位しか取り得な…

すっげーつまんない:なうしか 2017/04/25

酷い絵と話、思いつきで子宮取らないだろ?バカか!

ハズレがない:リリィ 2017/04/25

黒川先生のお話はどれも当たりです。今回も。 ストーリーもたまに入るコミカルさ…

いろいろ言いたい事はあるけれどー!:セリシア 2017/04/25

ですね。ヒロインが幸せになれたのでOKかなと思います。 ヒロインを取り巻く環境…

考えられない…:ジェニファー 2017/04/25

子宮摘出って簡単にできることじゃないし多分お医者さんも患者が希望するから「…

3年は短すぎるような気が:ローズ 2017/04/25

ヒーローの会社が大会社になったり、ヒロインがカウンセリングから立ち直って、…

画が下手になった?:アリスン 2017/04/23

藤臣先生の作品は好きでいつも必ず読むのですが、今回とても画のレベルか低いよ…

このページの先頭へ