ホーム > 小説一覧 > アンダルシアの一夜

アンダルシアの一夜

王子に魅せられてシリーズ

アンダルシアの一夜

「テキサスに行け。そこにおまえの求めるものがある」祖父フェリックス・レイエスの謎めいた言葉に従い、ルーカスはしぶしぶ旅立ち、驚愕の事実を知る。祖父は孫と友人の娘アリッサとの結婚を画策していたのだ。独身生活を楽しむ彼にその意思はなく、怒りばかりがこみ上げる。それはアリッサも同じだった。突然現れた傲慢な男の妻になるなど問題外だ。だが、土地の所有権の半分はすでにレイエス家のもので、結婚を拒めば、愛する我が家を手放す羽目になる。二人は打開策を求め、祖父のいるアンダルシアに旅立った。

まだ評価が集計されていません

評価する

  • 立ち読み: 最大6,000文字
    ※作品により立ち読み文字数が少ない場合もございます。
閲覧日数 90日 / 会員登録期間 価格 500円 / 600円
+消費税
出版社 ハーレクイン

※価格表記は税別価格になります.

※本作品は アプリでの閲覧が可能です.

マイポイントで購入できる作品について

<注意>
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLすることを禁止します。
  • ・当サイトのコミック及び小説をキャプチャ、DLした場合、違反者を追跡することができます。
  • ・当サイトのコミック及び小説を違法に使用した場合、違反者の履歴を追跡し、法的手段を含むしかるべき手段をとる場合があります。
<attention>
  • ・Any comics or novels on this site are prohibited to take a screenshoot and copy.
  • ・Users who took a screenshoot and copied comics and novels of this site can be traced.
  • ・This site may track illegal use of comics and novels of this website and take any actions including legal actions.
  • 小説一覧へ
  • ロマンスブックカフェへ

王子に魅せられてシリーズ

奇跡の出会い
サンドラ・マートン
奇跡の出会い
「若すぎるうえに、おまえは女だ。頭取の座は譲れない」祖父の言葉に、エイミーはひどく打ちのめされた。あてどなくマンハッタンの五番街を歩いているとき、タクシーから降りてきた男性とぶつかり、口論と…
アンダルシアの一夜
サンドラ・マートン
アンダルシアの一夜
「テキサスに行け。そこにおまえの求めるものがある」祖父フェリックス・レイエスの謎めいた言葉に従い、ルーカスはしぶしぶ旅立ち、驚愕の事実を知る。祖父は孫と友人の娘アリッサとの結婚を画策していた…

アンダルシアの一夜 のレビュー

レビューの投稿については、「このサイトのご利用方法~レビューについて~」をご確認ください。
サイト上にはすぐに反映されませんのでご注意ください。

この作品のレビューはまだありません。

この作品のレビューを書いてみませんか?(レビュー投稿にはログインが必要です。)

著者名/作家名検索

ロマンスブックカフェのお得なキャンペーン!!

最近投稿されたレビュー

ヒストリカル:まめ姫 2017/07/29

締めのシーンのせいか『お熱い』読了感。大好物です♥ これからどうなるの? どこ…

表紙に騙された:わっち 2017/07/28

表紙があまりにシリアスな印象だったので、暗い話は嫌だなと思い読むのを後回し…

あとがきが…!:はち 2017/07/28

本当に濃いですねえ〜。独特の絵柄がクセになりそう。くどめのファッションもハ…

実力派揃いかも:ペンペン 2017/07/28

2作品は既読でしたが、3作品ともに安定の実力派の描き手さんなので、損した気分…

内容が:ayaka 2017/07/28

あまり内容がない感じです。どういう内容だったかなーと読後に思った。

最初の印象がまるっと変わって信頼に至るまで:金鳳花 2017/07/28

理性的でカチッとした人ばかりなので、夢見るロマンスはありません。(笑) 理詰め…

運命の逆転:ゴンジュ 2017/07/27

いまいち盛り上がらない。ジェットコースターの頂点が低いから。もっと切なさも…

泣き虫ヒロイン:れん 2017/07/27

職業的にも医師という立場で泣いてばかりはいけないね。心優しいのだろうけど、…

とても良かった:れん 2017/07/27

王族貴族のハーレクインが好みなんで面白かったです。お互いを思っているのに心…

ゴージャスで大胆:そるる 2017/07/25

山田先生の大胆な作風がハーレクインにあっていると思います。特にヒーローの見…

このページの先頭へ